2021年01月20日 16:00

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「2021年のスポーツ用品小売業の成長機会は、スポーツ、アウトドア初心者にあり」を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、スポーツシューズ・アパレル市場分析による2021年の展望に関するレポートを2021年1月20日に公表します。

本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。The NPD Group のスポーツ業界シニアアドバイザーである、Matt Powellの分析によると、2021年スポーツシューズ・アパレル市場におけるチャンスの多くは、初心者レベル向けフィットネスやアウトドア用品、汎用性、性能、および快適性を備えた商品、社会的距離を保てるスポーツ・活動にあると考えられます。


初心者レベル向けフィットネスやアウトドア用品の提案がカギ
The NPD Group のスポーツ業界シニアアドバイザーである、Matt Powellは、「スニーカーノミクス:2021年のスポーツ用品小売業の成長機会」を2020年12月16日に公開しました。Matt Powellは、「米国の消費者は健康的なライフスタイルに再び関心を持ち、コミットするだろうと私は強く信じています。多くの人は、健康な生活を過ごすことが将来の病気を防ぐ手段と考えるでしょう。これはスポーツ業界にとって非常に良いニュースです。」とコロナ禍がスポーツ業においてマイナス側面だけでないことを強調しています。米国では、2020年にコロナ禍により、フィットネスやアウトドアを新たに始めた人が増加しました。Matt Powellは、「新たにフィットネスやアウトドアを始めたばかりの人は、このような活動に慣れていません。そして、業界が通常ターゲットにしているエリート層でもありません。それよりも、彼らは極上の製品が不要な(そして、製品に精通していない)初心者レベルの参加者です。これらのビギナー向け製品を提案することが、将来にわたって消費者を作り出すための鍵です。」


汎用性、性能、快適性を兼ね備えた商品が売れる
Matt Powellは「消費者は、より実用的な買い物をするようになり、付加価値がある万能な製品を求めるようになるでしょう。”ダッドシューズ”のような野暮ったいファッションは終わりそうです。」と話します。スポーツシューズでは、ランニングシューズ、ハイキングシューズ、そして比較的規模は小さいですが、トレイルランニングシューズで、マーケット全体を上回る売上成長が見込まれます。「ブランドや小売業者は、信頼できる手頃な価格の製品を提供し、初心者のことを頭に入れておけば、ここで成功することができます。消費者は、健康であるかどうかに関係なく、健康を維持しているように見せたいと思うでしょう。」とMattは話します。コンフォートシューズのブランドと製品は、引き続き堅調です。スポーツアパレルでは、汎用性、性能、および快適性を兼ね持つスポーツブラ、フリース、スウェットパンツに商機があると考えられます。


ソーシャルディスタンスを保てるスポーツに商機
社会的距離を保ちながら、健康を保つ活動に使われるスポーツ関連用品は、スポーツ小売市場全体で今後、好売上が見込めます。特に、ゴルフ、ラケットスポーツ、サイクリングが注目されます。しかし、新規参入者に重点を置き、初心者の能力に見合わないものを強引に売り込むべきではありません。家庭でのフィットネスにも大きなチャンスがあります。しかし、これらの購入品の多くは「一度きりの購入」であることに注意が必要です。初心者は特に、一度必要な用品を買いそろえると、半年後、1年後にまた新たに購入する必要がないことが多いです。しかし、初めて購入した人は付属品や消耗品を見落としているかもしれません。関連商品や追加して拡張できる商品やサービス、IOTなどがその一例です。

Matt Powellは「2021年は不確実性が続く年になりつつありますが、スポーツ小売業には多くのプラスの機会が残されています。特に、初心者に適切にアプローチすることがキーとなるでしょう。」と話します。



*1  Japan Sports Tracker
スポーツシューズ・アパレル市場における全国の消費者購買行動を時系列で把握できる日本で唯一の消費者パネルデータベースです。市場のトレンドやビジネスチャンスを特定し売上を伸ばすために必要な、製品トレンドと消費者動向について包括的な情報が得られます。カテゴリー、ブランド、アイテムレベルで自社製品、競合他社製品のパフォーマンスを分析できます。
詳細URL: http://www.npdjapan.com/solutions/sports/



■本件に関するお問い合せ先
エヌピーディー・ジャパン株式会社
担当:東 さやか(あずま さやか)
〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8F
TEL : 03-5798-7663
Email : npdjapan.info@npd.com

■会社概要
会社名 エヌピーディー・ジャパン株式会社
英名 NPD Japan Ltd.
設立年月日 2003年 3月 31日
所在地 〒108-0074 東京都 港区高輪 3-23-17品川センタービル8F
TEL (03) 5798 - 7663
資本金 80,000,000円
株主 The NPD Group Inc. (100%)
代表者 トーマス・リンチ
所属団体 一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
エヌピーディー・ジャパン株式会社(エヌピーディー・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
トーマス・リンチ(トーマス・リンチ)
所在地
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8F
TEL
03-5798-7663
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://www.npdjapan.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.