2021年02月18日 10:00

安全かつ利便性を考慮したリモートワーク環境の提供に向け セイコーソリューションズがエリアビイジャパンと代理店契約を締結 -ニューノーマル時代のセキュアなリモートワークを支援-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、このたび、リモートワーク環境やBCP環境をセキュアかつ短時間で実現する「SWANStor(スワンストア)」を開発・提供するエリアビイジャパン株式会社 (代表取締役社長:鈴木 一成、本社:東京都新宿区、以下 エリアビイ)と代理店契約を締結しました。これにより、「SWANStor」をプラットフォームとしたリモートアクセスソリューションを2021年2月18日より販売開始します。

新型コロナウイルスは、企業の運営体系を根本から覆し、社員の働き方を激変させました。これまでも各企業においては、働き方改革の一環、労働力の確保、地域の活性化などをキーワードに「リモートワーク環境」の導入を進められてきましたが、新型コロナウイルスの出現により、リモートワーク環境の整備は「企業存続のための手段」として、一部の大手企業だけではなく、全ての企業において対応が必要な状況へと変化しています。

このような状況の中で、急速に導入されてきたリモートワーク環境ですが、コスト面、セキュリティ面の検討が十分でないことやリモートワーク移行後の業務可視化などが課題となっています。また自社の業務内容によりリモートワーク導入に踏み切れていない企業もあります。

セイコーソリューションズでは、これらの課題を解決するため、リモートアクセスプラットフォーム「SWANStor」をベースに、お客さまの声を基にリモートワーク環境に必要となるセキュリティや利便性、可視化を提供する各種製品を組み合わせて、コストパフォーマンスに優れたリモートアクセスソリューションを提供します。
なお、今回の発表にあたり、エリアビイより以下のエンドースメントをいただいています。

エリアビイジャパンは、この度のセイコーソリューションズ様との販売代理店契約の締結を歓迎いたします。
当社は「情報は共有されてこそ、はじめて有用な資産となる。」という信念の元、「利便性」と「安全性」を両立させるソリューションを設立以来提供してまいりました。大手企業を中心として数多くのお客様にご好評いただいております。その代表的なソリューションであるリモートワークプラットホームである「SWANStor」と企業のビジネスのインフラを支えるソリューションを提供し続けているセイコーソリューションズ様とのパートナーシップを通じ、さらなるお客さまに「利便性」「安全性」を両立したソリューションを提供してまいります。

エリアビイジャパン株式会社
代表取締役社長 鈴木 一成

※SWANStorはエリアビイジャパン株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 戦略ビジネス第二本部
 担当:名児耶(なごや)、志村  tel:03-6779-8950  e-mail:support@seiko-sol.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
セイコーソリューションズ株式会社(セイコーソリューションズカブシキカイシャ)
代表者
関根 淳(セキネ ジュン)
所在地
〒261-8507
千葉県美浜区中瀬1-8 SIIビル
TEL
043-273-3147
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.seiko-sol.co.jp/company/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.