2021年02月26日 15:00

監修に庵野秀明氏、樋口真嗣氏、西村祐次氏を迎え、修復師・原口智生が贈る昭和特撮「夢のかけら」ビジュアルブック【3月12日発売】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、『夢のかけら 東宝特撮映画篇』を2021年3月12日(金)より全国書店にて発売いたします。




特撮専門誌「宇宙船」にて連載中の人気連載企画「原口智生の夢のかけら」より、東宝映画作品を抜粋し『夢のかけら 東宝特撮映画篇』として発売します。


『ゴジラ』、『モスラ』、『海底軍艦』など昭和の東宝特撮映画にて実際に使用されたプロップ(撮影用の模型)を、日本特撮界のレジェンド原口智生氏が修復、復元氏の解説文とともに掲載します。

撮影は「仮面ライダー特写写真集」シリーズ(ホビージャパン刊)でもカメラマンを担当する、加藤文哉氏。


昭和特撮の息吹そのままに甦る、本物の「夢のかけら」たち。初出のプロップを加え、超美麗な写真を横レイアウトも交えた構成で大きく掲載。
細部まで捉えたファン必見のビジュアルブックです。





●収録作品(一部)
『ゴジラ』(1984年) ゴジラ84
『ゴジラ対メガロ』 ジェットジャガー飛び人形
『大怪獣バラン』 バラン
『海底軍艦』 轟天号
『怪獣総進撃』 ムーンライトSY-3
『連合艦隊司令長官 山本五十六』 九九式艦上爆撃機
『惑星大戦争』 宇宙防衛艦 轟天 ほか

●特別企画
原口智生氏、樋口真嗣氏特別対談
西村祐次氏所有「東宝特殊美術課倉庫・秘蔵写真ギャラリー」

修復・解説 原口智生

幼少期から東宝撮影所や円谷プロ等に出入りし、1975年に最年少で特撮映画研究団体「怪獣倶楽部」(主宰 竹内博)の一員となる。特殊メイクアップ、特殊造形として『帝都物語』、「平成ガメラシリーズ」など数々の映画を担当。
1991年、映画監督としてデビュー。以後『さくや妖怪伝』などを監督。特技監督、監督として『ウルトラマンメビウス』(2006~2007年)『ウルトラマンギンガ』(2013年)を手掛ける。
2012年、『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』では、展示コーディネート、修復師として活躍。現在「特定非営利活動法人 アニメ特撮アーカイブ機構」(ATAC)発起人も務める。


撮影 加藤文哉

高校卒業後、専門学校に通い、プロのカメラマンを志す。卒業後、20才の時に就職し、専属カメラマンとして活動を始める。
2005年、「ディテール・オブ・ヒーローズ 仮面ライダー響鬼」の撮影にて、朝日ソノラマ時代の「宇宙船」に初参加。
刊行がホビージャパンに移行した後も、仮面ライダーシリーズ、戦隊シリーズ、ウルトラマンシリーズの特写企画では常に撮影を担当している。
Vol.121(2008年7月発売)からスタートした連載企画「原口智生の夢のかけら」では、第一回から作品を撮り続け、本書の写真も全て氏の撮影によるものである。日本写真家協会(JPS)会員。





夢のかけら 東宝特撮映画篇
●定価:本体3,200円+税
●3月12日発売予定
●A4判上製本
●ISBNコード:978-4-7986-2447-1

●ホビージャパンの出版物リスト http://hobbyjapan.co.jp/books/
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

添付資料

  • CUT01
  • CUT02
  • CUT03
  • CUT04
  • CUT05
  • CUT06
  • CUT07
  • CUT08

会社概要

株式会社ホビージャパン
商号
株式会社ホビージャパン(カブシキガイシャホビージャパン)
代表者
松下 大介(マツシタ ダイスケ)
所在地
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-15-8 
TEL
03-5304-9110
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://hobbyjapan.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.