2021年02月25日 13:30

ベトジェット、ベトナムで2月の最多便を運航

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(東京、2021年2月25日) - ベトナム民間航空局(CAAV)によると、ベトジェットは2021年1月19日から2月18日までに7,881便を運航し、ベトナムの6つの航空会社の中で最も多くの便を運航したことが明らかになりました。

また、ベトジェットは22.1%と前月比で最も多くの便数を伸ばしており、パシフィック航空の13.3%、バンブーエアウェイズの8.8%を上回っています。一方、ベトナム航空は7.8%、その子会社のVASCOは14%の減便を余儀なくされました。なお、新たに就航したベトトラベル航空の伸び率は不明です。

旧正月休暇の国内最高の旅行シーズンを含む報告期間中、ベトナムの航空会社は、国内でコロナウイルスの新型感染が相次いでいるにもかかわらず、前月比7.4%増の20,944便を運航しましたが、前年同月比では37,5%減となりました。ベトナム航空が6,725便、バンブー航空が4,008便を運航し、それぞれ2位、3位にランクインしました。パシフィック航空は1,640便で4位、VASCOは518便、べトトラベルは172便を運航しました。

ベトナムの航空会社の先月の平均定時運航率(OTP)は94,6%で、前年同月比9.3%の改善となり、すべての国内航空会社が90%以上のOTPを記録しました。CAAVによると、遅延やキャンセルは、悪天候、作業上の問題、商業、空港サービスの問題、航空機の到着の遅れなど、いくつかの状況に起因しています。

2021年の最初の数ヶ月間、ハノイ-ホーチミン線は依然として世界で最も混雑している路線の1つとなっています。世界的なフライトデータプロバイダーであるOAGのレポートによると、ハノイ-ホーチミン線は2021年2月に1085万人の乗客を記録し、前月の102万人から増加しており、韓国の済州-ソウル金浦線に次いで2番目に忙しい路線となっています。

###
ベトジェットについて
ニュー・エイジ・キャリアのベトジェットは、ベトナム国内の航空業界に革命をもたらし、さらには地域や世界においても先駆的な航空会社です。コスト管理、効率的な運営やパフォーマンスを重視し、低価格で柔軟な運賃体系で様々な路線を運航するほか、お客様の需要に対応する多様なサービスを提供しています。
また、国際航空運送協会(IATA)の正会員であり、IATA の国際運航安全監査プログラム(IOSA)の認証も受けています。ベトナム最大の民間航空会社として、2018 年と2019 年には安全性や商品の格付けを行う世界で唯一のウェブサイトAirlineRatings.com で、安全性において最高ランクとなる7つ星の評価を獲得しました。また、Airfinance Journal の財務・経営健全性の高い航空会社50社リストにも2018 年、2019 年と連続で選出されています。さらには、Skytrax、CAPA、Airline Ratings といった業界で著名な団体からも、最も優れた格安航空会社に選出されています。
ベトジェットの詳細な情報はホームページをご覧ください。 http://www.vietjetair.com/


  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
べトジェット・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニー(ベトジェット・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニー)
代表者
グェン ティ フゥーン タオ(グェン ティ フゥーン タオ)
所在地
〒-
Ngoc Khanh Ward, Ba Dinh District,Ha Noi, Viet Nam302/3, Kim Ma Street, 
TEL
‎+84-028-3547-1866
業種
運輸・交通・物流・倉庫
上場先
その他
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home
IR情報
https://ir.vietjetair.com/Home/Post/welcome-investor

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.