2021年03月09日 11:30

中小企業向け、障害者雇用に関する 無料相談窓口を開設 ~ 何から始める?どんな仕事を依頼する?採用活動の注意点は? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
障害者雇用を進めたいが周囲に相談できる人がいない、という中小企業のご担当者向けに「障害者雇用に関する無料相談窓口」を2021/3/1より開設しました。「QUOKKA JOB(クオッカジョブ)」Webサイト上のフォームからご相談のお申し込みを受け付けています。
※「QUOKKA JOB(クオッカジョブ)」は株式会社スタッグ(本社:東京都千代田区、取締役社長:内田雄介)が運営するサービスです。
【URL】https://quokka-job.jp/service/?202103pr

※「株式会社スタッグ」について
QUOKKA JOBを運営する弊社(株式会社スタッグ)は、グループ会社で障害者の就労サポートを行っている就労継続A型事業所「クオッカ」の運営で培った経験とノウハウを、一般企業に対して提供していくことでより多くの人の就労を推進し、誰もが活躍する社会の実現を図るための支援をしています。

<ご相談の例>
下記のようなご相談を初め、幅広いテーマについてご質問をお受けしております。

Q. 障害者雇用された方は、どのような種類の仕事をしていることが多いですか?
クオッカでの実績では主に「手作業系」「PC関連作業」「電話関連業務」「フィールドプロモーションなどサービス事業」の4種類の業務を担当することが事例として多くあります。ただ、大前提として、人により得意分野が異なるためきちんとヒアリングすることが重要です。

Q. 一緒に仕事をする上で気にしなければならないことの種類は?
勤務時間、欠勤、コミュニケーション、評価に付随する体調管理や仕事のレクチャーの方法などがあります。企業によって雇用契約や働き方は様々ですので、個別のご質問はお問い合わせください。

Q. 面接の際に聞くべきこと、聞いてはいけない(配慮するべき)こと、面接をセッティングする際に気にするべきことは?
どちらかというと面接する側が変な先入観を持たないことが基本的に重要なことです。また、求職者の方がどれくらいご自身の障害を自己認識されているかなどは確認しても良いことですし、企業と雇用者が双方うまく仕事を進めていく上で確認しておくべきことだと思います。そして最も重要なのは仕事に対する姿勢だと考えています。御社と合った人材であるか、御社の仕事に興味がある雇用希望者であるかを通常の採用と同じく判断することが重要です。

ご相談フォームURL
「QUOKKA JOB 障害者雇用に関する無料相談窓口」
https://quokka-job.jp/free-counter/?202103pr

株式会社スタッグについて
【業務内容】
・商業施設イベント・テナント業務請負サービス
・BPOアウトソーシングサービス
・就労継続A型事業所クオッカのリソース活用

【会社概要】
会社名:株式会社スタッグ
所在地:〒102-0073東京都千代田区九段下1-3-5九段北一丁目ビル3F
代表者:内田雄介
設立:2013年12月3日
サービスページURL:https://service.stagg.jp/secretariat/

【お客様からのお問い合わせ先】
QUOKKA JOB
TEL:03-6380-9090(直通)
お問合せフォーム:https://quokka-job.jp/contact/

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社スタッグ、相嘉(あいか)
TEL:03-6380-9090
e-mail:contact@quokka-job.jp
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社スタッグ(スタッグ)
代表者
内田 雄介(ウチダ ユウスケ)
所在地
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-3-5 九段北一丁目ビル3F
TEL
03-6380-8400
業種
人材関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.