2021年03月15日 09:00

「ジャパニーズウイスキーの日」全国一斉乾杯イベントで 3弾連続プレゼントキャンペーンを実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ウイスキー文化研究所(本社:東京都渋谷区、代表:土屋守)が中心となり立ち上げたジャパニーズウイスキーの日実行委員会は、4月1日にオンライン上で「ジャパニーズウイスキーの日」全国一斉乾杯イベントを開催します。3月12日、当日の参加者を対象としたプレゼントキャンペーンと、SNS上でのキャンペーンの実施を決定しました。有料講演(一部・二部)の申込み者には希少ボトルの購入権または当日出演者のサイン入り著書を、SNSキャンペーンではオリジナルグッズやジャパニーズウイスキー関連の書籍を、それぞれ進呈。4月中旬を目処に当選者を決定し、順次ご案内します。

イベント概要
開催日    :4月1日(木)
開催方法   :オンライン限定イベント
配信会場   :恵比寿EAST GALLERY(東京都渋谷区東3-24-7)
スケジュール :
[一部(有料)] 16:40~17:40 特別基調講演(実行委員長:土屋守)
[二部(有料)] 18:00~19:00 スペシャルゲストを招いてトークショー
[三部(無料)] 19:10~20:30 有識者座談会/全国一斉乾杯イベント

■参加申込み口[一部・二部]
CAMPFIREプロジェクトページ(URL)https://camp-fire.jp/projects/view/385553
※3月19日(金)申込み締切
■参加申込み口[三部]
ジャパニーズウイスキーの日(URL)https://jw-day.org/
※事前申込み不要/上記ホームページよりどなたでも視聴できます

キャンペーン詳細
第一弾 <特別講演&トークショー視聴者限定キャンペーン>
ジャパニーズウイスキー購入権 ※当選者は以下のボトルを定価で購入できます
A. 秩父2011“6年”for ウイスキーフェスティバル2017 in 東京 ×5名様
B. 駒ケ岳2012“7年”for ウイスキーフェスティバル2019 in 東京 ×5名様
サイン入り著書プレゼント
C. 「人生を豊かにしたい人のためのウイスキー」(土屋守著・今月発売) ×10名様
D. 「ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー」(土屋守著) ×10名様

視聴申込み〆切:3月19日(金)
応募期間:4月1日(木)~4月12日(月)
応募資格:一部・二部の視聴者(申込者名簿にない応募者は失格)
応募方法:当日の二部スペシャルトークショーやホームページ等で発表します
当選発表:4月13日(火)抽選後、申込み時のEmailにて順次連絡します

第二弾 <フォロー&リツイート/SNSキャンペーン>
い. Whisky Galore 25号(最新号/ジャパニーズウイスキー大特集)×10名様
ろ. ポットスチルポスター(ジャパニーズ編)  ×10名様
は. ウイスキー検定公式問題集JW級  ×10名様

応募期間:3月12日(金)~4月1日(木)19:00
応募資格:日本国内在住/TwitterもしくはFacebookのアカウントを所持していること
Twitter →(1)ジャパニーズウイスキーの日実行委員会のアカウントをフォロー
(2)特定の投稿をリツイート
Facebook→(1)ジャパニーズウイスキーの日実行委員会のページにいいね
(2)特定の投稿に応援コメントを入力
当選者発表:4月上旬を予定しています。当選者へはダイレクトメッセージで連絡します。

第三弾 <一斉乾杯!#投稿/SNSキャンペーン>
い. Whisky Galore 25号(最新号/ジャパニーズウイスキー大特集)×10名様
ろ. ポットスチルポスター(ジャパニーズ編)×10名様
は. ウイスキー検定公式問題集JW級 ×10名様

応募期間:4月1日(木)19:00~24:00
応募資格:日本国内在住/TwitterもしくはFacebookのアカウントを所持していること
Twitter →(1)ジャパニーズウイスキーの日実行委員会のアカウントをフォロー
(2)特定の投稿をリツイート
Facebook→(1)ジャパニーズウイスキーの日実行委員会のページにいいね
(2)特定の投稿に応援コメントを入力
当選者発表:4月上旬を予定しています。当選者へはダイレクトメッセージで連絡します。
プレゼント商品
希少ボトル購入権

秩父2011“6年”for ウイスキーフェスティバル2017 in 東京
2017年に開催された「ウイスキーフェスティバル2017 in 東京」。これはウイスキーフェスティバル10周年を記念してボトリングされた限定品です。3種類のカスクサンプルから土屋守が選んだNo.1435の樽は、2011年7月に樽詰めされたホグスヘッド樽で、もともと羽生の原酒が詰められていたものです。「不思議と羽生のフレーバーを感じる」と土屋からのコメントもありました。
蒸留:2011年7月 /瓶詰:2017年10月 /度数:59.9% /容量:700ml
価格:17,600円(税込)  ※購入時には別途送料が1,000円必要です。

駒ケ岳2012“7年”for ウイスキーフェスティバル2019 in 東京
「ウイスキーフェスティバル2019 in 東京」開催記念のオリジナルボトル。フェノール値50ppmのヘビリーピーテッド麦芽で仕込まれています。樽はアメリカンホワイトオークの新樽、それも2年間天日乾燥させたもので、内側をヘビリートーストしています(鏡も同様ヘビリートースト)。 通常のバーボン樽のヘビリーチャーと違って、よりオークのフレーバーが引き出され、スモーキーでピーティでありながらも、ソフトでクリーミー。フレッシュなフルーツ香を身にまとい、スパイシーな余韻が長く続きます。ラベルは1975年に土屋が西チベット、ラダックのシャンカル寺院で撮ったラマ教の仏像をあしらっています。
蒸留:2012年3月 /瓶詰:2019年9月 /度数:60% 容量:700ml
価格:14,850円(税込)   ※購入時には別途送料が1,000円必要です。

書籍・オリジナルグッズ

人生を豊かにしたい人のためのウイスキー
土屋守の最新刊。ウイスキーの成り立ちから世界5大ウイスキー、最新の定義や動向までを一般向けに広くカバーしています。なかでも今年2月に日本洋酒酒造組合から公表されたジャパニーズウイスキーの基準について述べた書籍は、おそらく本書が初めて。ジャパニーズ愛好家はもちろん、これから深みにハマりたい人にもおすすめの1冊です。
[発行] マイナビ出版 / 2021年3月24日
[著者] 土屋守
[頁数] 新書版 224ページ

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー
英国のトップ層にとってウイスキーは紛れもない“教養”。ところが日本人の多くは自国のウイスキーの話さえ満足にできません。本書は「日本人とウイスキー」「どのように国民に浸透させたか」といったテーマでジャパニーズの歩みをたどり、隆盛を誇るクラフト蒸留所の現状についても余すところなく伝えています。
[発行] 祥伝社 / 2020年10月10日
[著者] 土屋守
[頁数] 単行本 288ページ

Whisky Galore 25号(最新号/ジャパニーズウイスキー大特集)
創刊4周年を迎えたガロア最新号は、大充実のジャパニーズウイスキー特集。いまや世界的な注目の的となっている国内24の蒸留所を、70ページ超のボリュームでドーンとご紹介しています。その他、土屋による「定義」問題の解説や、サントリーチーフブレンダー福與伸二氏へのインタビュー、長崎県・壱岐島の7蔵元をリポートする焼酎紀行など、今号も盛りだくさんの内容です。
[発行] ウイスキー文化研究所 / 2021年3月12日
[頁数] A4変形 / 128ページ

ポットスチルポスター(ジャパニーズ編)
東京フェスで人気を博した「ポットスチルポスター」に待望の「ジャパニーズ編」が登場。北は北海道から南は鹿児島まで、いま注目の蒸留所の美しいポットスチルが1枚になったポスターです。ぜひ、お部屋に飾ってください。
[サイズ] A2版(420×594mm)

ウイスキー検定公式問題集JW級
ウイスキー検定、初の特別級だけを集めた過去問題集。第2回(2015年)・3回(2016年)・6回(2018年)実施分のJW級の問題・解答を完全収録しています。
[発行] ウイスキー文化研究所 / 2020年10月12日
[問題作成・監修] 土屋守
[頁数] A4版 56ページ

【添付ファイル】
・4月1日「ジャパニーズウイスキーの日」制定のお知らせ(2/15プレスリリース)
・クラウドファンディング【100万円】突破!(3/8プレスリリース)
・4月1日を正式登録(3/11プレスリリース)


主催・企画・運営について
主催:ジャパニーズウイスキーの日実行委員会
企画:東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)実行委員会、ウイスキー文化研究所
運営:ウイスキー文化研究所

ウイスキー文化研究所について
ウイスキー文化研究所は、ウイスキー評論家の土屋守が代表を務める会員制の愛好家団体です。2001年3月の発足以来、国内外のウイスキー・酒文化全般を深く学ぶべく研究を重ね、情報の収集および発信を行っています。また業界に関わる方々とともに、ウイスキー愛好家や飲み手の育成、ウイスキー文化の普及を目的とした取り組みを企画・立案、実施してきました。国内で唯一のウイスキー専門誌『Whisky Galore』の編集・発行、ウイスキーフェスティバルなどのイベントの企画・運営のほか、ウイスキーに関するあらゆる知識、鑑定能力を問う資格認定制度「ウイスキーコニサー資格認定試験」や、ウイスキーを楽しむための知識を問う「ウイスキー検定」を主催しています。

土屋 守(ジャパニーズウイスキーの日実行委員長/ウイスキー文化研究所代表)
1954年新潟県佐渡生まれ。学習院大学文学部卒。週刊誌記者を経て1987年に渡英。取材で行ったスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込む。帰国後はウイスキー評論家として活躍し、98年にはハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の一人に選ばれる。2014年9月から2015年3月に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」では、ウイスキー考証として監修を務めた。『シングルモルトウィスキー大全』『ブレンデッドウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)、『ウイスキー完全バイブル』(ナツメ社)、『ビジネス教養としてのウイスキー なぜ今、高級ウイスキーが2億円で売れるのか』(KADOKAWA)、『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』(祥伝社)など著書多数。隔月刊誌『Whisky Galore』の編集長を務める。
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社ウイスキー文化研究所(カブシキカイシャウイスキーブンカケンキュウショ)
代表者
土屋 守(ツチヤ マモル)
所在地
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-23-6 長谷部第10ビル2F
TEL
03-6277-4103
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://scotchclub.org/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.