2021年03月29日 11:00

【電力・ガス・石油】特許資産規模ランキング トップ3は東京ガス、中国電力、大阪ガス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは3月29日、独自に分類した電力・ガス・石油業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電力・ガス・石油 特許資産規模ランキング2020」をまとめました。2019年4月1日から2020年3月末までの1年間に日本特許庁が登録した特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 東京ガス、2位 中国電力、3位 大阪ガスとなりました。
1位 東京ガスの注目度の高い特許には「消費電力を抑制するとともに他システムからの干渉に強くする無線通信システム」(京都大と共同出願)や「エアコンと好適に連動動作を行う警報器」(新コスモス電機と共同出願)に関する技術が挙げられます。

2位 中国電力は「無人飛行体の効率的な飛行計画を作成できる飛行制御システム」(エネルギア・コミュニケーションズと共同出願)や「蒸気管等の表面温度を広範囲に亘り計測できる伝熱管」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。

3位 大阪ガスの注目度の高い特許には「建築物のパイプシャフト内に設置される給湯装置で生じるドレン水を、より簡素な構造で、安全に排水できる排水案内システム」(新和産業などと共同出願)や「浸透膜の透過流束を高く維持し、保守管理が容易な発電設備として利用する方法」などに関する技術が挙げられます。

4位 出光興産は「より高いイオン伝導度を有している、新規な硫化物固体電解質」、5位 ENEOSは「透過視認性を損なわずに、透明パーティション等に商品情報や広告等を鮮明に投射表示することができる透明スクリーン用フィルム」(東京工業大学と共同出願)などが、それぞれ注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「電力・ガス・石油 特許資産規模ランキング2020」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2021/03/energy.html

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.