2021年03月26日 09:00

【新刊情報】アフリカに通うこと32年間64回の著者が撮りためた、野生のネコ科動物の希少なショットと愛くるしい仕草満載。写真集『サバンナのネコ』、2021年3月26日(金)発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホーム社は、2021年3月26日(金)に井上冬彦撮影による写真集『サバンナのネコ』を発売いたします。

私たちだってかわいい──抜群の美しさと希少性を併せ持つサーバル、イエネコの祖といわれるアフリカンワイルドキャット、長く伸びた耳毛が特徴のカラカル、母の背中の上で眠る子どものチーター、子どもたちにお乳を与える母ライオン、木の上でのんびりくつろぐヒョウ。
サバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、アフリカに32年間64回撮影に通った著者が捉えた希少なショットを厳選。めったに見られない愛くるしい仕草が満載の写真集です。

【あとがきから】
 少年時代に「動物学者になってアフリカで活動したい」と夢見ていた私は、医師になり、その想いを一時断念しました。しかし「いつかはサバンナの大地に立ち、この目で動物たちの姿を観たい」と思い続けていました。念願が叶ったのは医師になって8年目、32歳の時です。……実際の撮影には膨大な時間が必要でした。比較的見やすい(実際はそう簡単ではないのですが)大型のネコたちであっても、様々なシーンを撮るとなるとかなりの時間を要するものですが、中型のサーバル、カラカル、小型のアフリカンワイルドキャットは出会う確率が低く、狙っても撮れるわけではありません。通い続けるだけではなく、いかにチャンスに巡り合えるかを徹底的に探究してきたのです。

[著者プロフィール]
井上冬彦(いのうえ・ふゆひこ)
1954年東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。井上胃腸内科クリニック院長。1987年に初めて東アフリカを訪れ、その感動を伝えるために写真活動に入る。以後32年間で64回の取材を重ねている。初の写真集『サバンナが輝く瞬間』(三修社)で第6回林忠彦賞受賞。その他の写真集に『サバンナの風に吹かれて』(講談社)『Love Letter』(PHP研究所)『Symphony of Savanna』(新日本出版社)、写文集に『マイシャと精霊の木』(光村図書出版)がある。

【書誌情報】
書名:『サバンナのネコ』
著者:井上冬彦
発売日:2021年3月26日(金)
定価:本体1,700円+税
体裁:A5判変型ソフトカバー オールカラー96P
発行:ホーム社/発売:集英社
装幀:ミルキィ・イソベ
ISBN978-4-8342-5339-9

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社ホーム社(カブシキカイシャホームシャ)
代表者
北畠 輝幸(キタバタケ テルユキ)
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-29 共同ビル7F
TEL
03-5211-2650
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.homesha.jp/

株式会社ホーム社の最新プレスリリース

2021年12月03日 09:30
あの人気キャラがポップでかわいいイラストに変身! 好きなキャラを描いて楽しめる『ボールペンで描ける! 僕のヒーローアカデミア かんたんイラストガイド』12月3日(金)発売
2021年11月26日 09:30
【新刊情報】橋本治×岡田嘉夫による幻の豪華本を普及版で復刊。『マルメロ草紙 -édition courante-』11月26日(金)発売。二十世紀初頭の巴里を舞台にした、美しい姉妹の豪華絢爛な物語。
2021年09月24日 10:00
構想30年!! 橋本治が挑んだ、空前絶後・前代未聞の全体小説、3000枚超の遺稿と共に遂に刊行!『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』、9月24日(金)発売。
2021年08月26日 12:00
【新刊情報】「パフェ沼」におぼれる幸せを、あなたも。日本で唯一のパフェ評論家がディープに語る指南書、斧屋『パフェが一番エラい。』、8月26日(木)発売
2021年06月25日 09:00
【新刊情報】洋菓子「フランセ」パッケージ、「アフタヌーンティー・リビング」雑貨などでも人気のイラストレーター・北澤平祐の魅力満載のおとなの絵本。『ぼくとねことのすれちがい日記』、6月25日(金)発売。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.