2021年03月31日 18:00

Tensorflow、PyTorch、Caffe、MxNet、DarkNet、ONNX対応Rockchip社製RV1109搭載AI IoT評価ボード販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年3月31日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Tensorflow、PyTorch、Caffe、MxNet、DarkNet、ONNX対応Rockchip社製RV1109搭載AI IoT評価ボード販売を開始いたします。

組み込みの1.2TopsニューラルネットワークプロセッサNPU、AI操作の消費電力は必要なGPUの10%未満です。Tensorflow、PyTorch、Caffe、MxNet、DarkNet、ONNXなど、AIアルゴリズムをサポートしております。

デュアルコア人工知能ビジョンプロセッサを搭載し、NPUを加速する統合AIニューラルネットワーク、その強力なAIコンピューティングパフォーマンスは、検出速度に効率的に応答できます。マルチチャネルビデオのエンコードとデコードをサポートし、豊富な拡張インターフェイスを備え、柔軟に対応できます。顔認識、ジェスチャー識別、ゲートアクセス制御およびその他のフィールドに適用されます。

デュアルコアAIビジョンプロセッサは、デュアルコア32ビットARMCortex-A7アーキテクチャ、統合NEONおよびFPU、最大1.5GHzのメイン周波数を備えた14nm低電力AIビジョンプロセッサRV1109を採用し、FastBoot高速起動を実現し、TrustZoneテクノロジーと複数の暗号化エンジンをサポートできます

RV1109は、マルチレベルノイズリダクション、3フレームHDR、およびその他のテクノロジーを備えており、シーンのダイナミックレンジを確保できるだけでなく、ブラックライトとフルカラーのニーズにも対応し、「はっきりと見える」現実を実現します。さらに、セキュリティ分野の実際の問題点と一致しています

内蔵ビデオCODECビデオコーデックは、2K H.254 / H.265 @ 30FPSおよびマルチチャネルビデオコーデックをサポートし、より小さなスペース比で、低ビットレート、低遅延コーディング、および知覚コーディングのニーズを満たすことができます。

◆Rockchip社製RV1109搭載AI IoT評価ボード仕様概要
プロセッサ:RV1109
・ デュアルコアARMCortex-A7 32ビットコア、1.5GHzでクロック、統合されたNEONおよびFPU
・ 各コアには、32KBのIキャッシュと32KBのDキャッシュ、および512KBの共有セカンダリキャッシュ
・ RISC-VMCUに基づく
NPU
1.2トップス、INT8 / INT16をサポート
・ 強力なネットワークモデル互換性があり、一般的に使用されるAIフレームワークモデルの変換を実現できるRKNNモデル変換ツールを提供。たとえば(caffe、darknet、mxnet、onnx、pytorch、tensorflow、tflite)およびアルゴリズムのサポート
メモリー:
・ 1GB / 2GB DDR4
ストレージ:
・ 8GB / 16GB eMMC
ビデオエンコーディング:
・ H.264 / H.265エンコーディング機能
・ 2688 x 1520 @ 30 fps + 1280 x 720 @ 30 fps
・ 3072 x 1728 @ 30 fps + 1280 x 720 @ 30 fps
・ 2688 x 1944 @ 30 fps + 1280 x 720 @ 30fps
ビデオデコード
・ 5M H.264 /H.265デコード
イーサネット
・ 10/100 / 1000Mイーサネットインターフェイスをサポートします。
・ TSO(TCPセグメンテーションオフロード)ネットワークアクセラレーションを使用
Wi-Fi
・ SDIO3.0インターフェースによる拡張
表示
・ MIPI-DSIインターフェースをサポート(1080P @ 60 FPS)
オーディオ
・ TDM / PDMを備えた8チャネルI2S、2チャネルI2S
カメラ
・ 同時に入力する3台のカメラをサポート:
・ 2セットのMIPICSI(またはLVDS /サブLVDS)と1セットのDVP(BT.601 / BT.656 / BT.1120)
・ 3フレームHDR(ラインベース/フレームベース/ DCG)で500万のISP2.0をサポート
周辺機器インターフェース
・ USB 2.0 OTG、USB2.0ホスト
・ TSO(TCPセグメンテーションオフロード)ネットワークアクセラレーションを備えたギガビットイーサ
・ SDIO3.0×2(Wi-FiおよびSDカード用)
・ TDM / PDMを備えた8チャネルI2S、2チャネルI2S
・ UART×6、SPI×2、I2C×6、GPIO、CAN、PWM
システムソフトウェア
・ Linux
動作温度
・ -10℃~60℃
作業湿度
・ 10%~90%

ポジティブワンは、Rockchip社製RV1109を利用した開発からOEMまで行うサービスを展開いたします。


【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ポジティブワン株式会社(ポジティブワンカブシキカイシャ)
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.