2021年04月07日 10:00

システム操作ナビゲーション「Dojo Sero」が「第33回中小企業優秀新技術・新製品賞」において、中小企業基盤整備機構理事長賞を受賞しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業向けソフトウェアソリューションを提供する株式会社テンダ(本社/東京都豊島区、代表取締役社長/中村 繁貴、以下「テンダ」)のシステム操作ナビゲーション「Dojo Sero(ドージョーセロ)」が、2021年4月7日、「第33回 中小企業優秀新技術・新製品賞」にて、ソフトウェア部門の最上位の賞である「中小企業基盤整備機構理事長賞」を受賞いたしました。

■ システム操作ナビゲーション『Dojo Sero』とは
「Dojo Sero」は、導入企業数2,600社以上のマニュアル自動作成ソフト「Dojo(ドージョー)」の関連プロダクトで、操作画面上に直接ナビゲーション(操作箇所に対する枠線や吹き出し)を表示*することで、システム運用効率の大幅向上や、運用コストの大幅削減に寄与する次世代マニュアルソリューションです。

特長となるナビゲーション機能は、直観的な操作で、誰でもすぐに作成することができ、またシステム側の改修を一切行う必要がないため、開発コストを掛けずに導入、運用することが可能です。

「Dojo Sero」でシステムとマニュアルを一体化させることで、従来のようにマニュアルを探して読むことや、事前の操作研修が不要となるほか、システム習得度や操作での不明点、つまずきをリアルタイムに個別サポートでき、利用者一人ひとりが迷わずシステムを使いこなすことができる、効率的なシステム運用体制を実現します。
Dojo Seroのナビゲーション表示イメージ
  ※実システムの画面は、当社製品「Time Krei ワークフロー」を表示しています。

■ 中小企業優秀新技術・新製品賞について
公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が、中小企業の技術を振興し、わが国産業の発展に寄与する目的で、1988年に設立された表彰事業です。

本賞は「優秀性」、「独創性」、「市場性」の大きく3つの観点をもとに、さらに「中小企業らしさ」、「環境に対する配慮」、「社会的有用性」など社会の要請を考慮に入れて審査されます。

■ 受賞のポイント
昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が注目され、あらゆる業務のデジタル化が進んでいます。企業が導入する社内システムやクラウドサービスの有効活用がより重要視される中で、今までになかったシステム操作での「ナビゲーション機能」や「ふせん機能」の独創性や、社会的有用性を主に評価いただいた結果であると考えています。

なお、受賞については本日発刊の日刊工業新聞にも掲載されるほか、4月14日開催の授賞式では当社代表取締役社長の中村繁貴より、ご挨拶をさせていただく予定となっております。

テンダでは、今後もDojo Seroをはじめとする、様々な業務効率化ソリューションを展開し、更なる社会のワークスタイル変革に貢献し続けてまいります。


*利用プログラムは、特許取得済。(特許第6574888号・第6580239号)

<システム操作ナビゲーション「Dojo Sero」公式サイト>
https://tepss.com/dojo-sero/


■ 株式会社テンダ概要
【本社所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60(57F)
【設 立】1995年6月1日
【代表者】代表取締役社長 中村 繁貴
【資本金】1億円
【事業内容】ビジネスプロダクト事業、ITソリューション事業、ゲームコンテンツ事業
【URL】https://www.tenda.co.jp/

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社テンダ(カブシキガイシャテンダ)
代表者
中村 繁貴(ナカムラ シゲキ)
所在地
〒170-6057
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 57階
TEL
03-3590-4110
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.tenda.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.