2021年04月07日 17:00

Imperva、多様なデータベース環境の統合管理を実現する、 業界初のデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データとそこに至るすべてのパスを保護することをミッションに掲げるサイバーセキュリティのリーダーのImperva, Inc.(本社:アメリカカリフォルニア州、最高経営責任者:Pam Murphy)は本日、業界初のデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表しました。クラウド向けに開発された同プラットフォームは、企業で採用されている多様なデータベース環境を完全に統合することで、クラウド上のデータのセキュリティ確保とコンプライアンスへの準拠を大幅に簡素化します。
https://www.imperva.com/products/multi-hybrid-cloud-security/

同プラットフォームは、Database-as-a-Service(DBaaS)、Infrastructure-as-a-Service(IaaS)、マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境など、ホスト環境に関わらず、あらゆるデータベースをサポートしています。このため、企業はセキュリティ体制を維持しつつ、クラウドを迅速に採用することが可能です。

また、同プラットフォームは、Amazon Web Services(TM)、Google Cloud(TM)、Microsoft(R) Azure(R)、MongoDB(R) Atlas、Snowflake(TM)など、あらゆるデータベースとネイティブに連携します。

セキュリティの複雑性が、クラウドの俊敏性の足かせに
クラウドはITに大きな変革をもたらしました。いち早く新規市場開拓に取り組み、新しいビジネス課題に直面しても業務を適応させるなど、企業はクラウドの活用を通じて様々なメリットを享受できます。しかし、セキュリティリスクやコンプライアンスに関する懸念は、クラウドへの移行の大きな足かせとなっています。

Imperva Research Labによると、業務やワークロードをクラウドに移行する企業が増えるにつれ、オープンなパブリッククラウドサービスでのデータの不正アクセスは、大幅な増加傾向にあります。データ漏洩を狙った攻撃は、過去12カ月間で557%増加しており、2021年以降も74%増加しています。こうしたトレンドは、クラウドデータの脆弱性を浮き彫りにすると同時に、データ周辺のネットワーク、サーバー、アプリケーションだけでなく、データ自体のセキュリティを確保することの重要性を強調しています。
https://www.imperva.com/resources/resource-library/?category=research-labs

オンプレミスとクラウドのデータベース環境には大きな違いがあります。このため、企業は従来型データベースのセキュリティツールをクラウド環境に導入しようとしても、DBaaSにエージェントをインストールすることが技術的に不可能な場合や、クラウドデータベースの全トラフィックをプロキシサービスで誘導することは現実的に不可能であることなど、深刻な制限に直面しました。これにより、企業は個々のツールをパッチワークのように使用することになりました。これは、ヒューマンエラーの可能性を高め、情報漏洩やコンプライアンス違反のリスクを不必要に増大させることになります。

Impervaのデータセキュリティ担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるRon Bennatanは、次のように述べています。「私たちは何千人ものユーザーからフィードバックを集めました。ほとんどの場合、クラウドへの迅速または安全な移行は可能だが、その両方を実現することはできないという認識を持っていました。今回それが真実ではないと断言できることを大変嬉しく思います。Impervaはスピードとセキュリティの両立という難題を解決し、企業のCIOや情報セキュリティ部門のリーダーに信頼感を与えます。当社はセキュリティとコンプライアンスを遵守しつつ、あらゆるデータワークロードのクラウド移行を支援する、業界でも類を見ないポジションを確立しています。」

企業のCIOは、Impervaのソリューションによって、セキュリティが損なわれないことを確信しながら、自社にとって最善なインフラストラクチャを決定することができます。また、データセキュリティのリスクを最小限に抑えることで、安全性やコンプライアンスに対する過度の懸念を抱くことなく、プロジェクトを迅速に進めることができます。より少ないツールを使用することで、ベンダーを統合し、ITセキュリティ専用の人員やリソースの要件が軽減されます。

情報セキュリティ部門のリーダーの場合、ツールよりも、セキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの実現に専念できます。セキュリティチームは、一括管理画面、既存のITセキュリティ技術との連携、広範なデータベース対応などのメリットを活かしつつ、企業の多様なデータエコシステムの保護を簡素化できます。

Impervaのデータセキュリティプラットフォームがクラウドの変革の可能性をついに実現
・最先端のクラウド環境向けに設計されており、企業は新たに作成したクラウドワークロードのセキュリティを数ヶ月ではなく数分で確保することができます。
・Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azure、MongoDB、Snowflakeの全データベースを含む、65種類以上のデータベースをネイティブサポートします。
・企業は、最短1カ月で追加のデータベースを導入でき、お気に入りのデータベース・テクノロジーをいつでも採用できます。
・セキュリティ、コンプライアンス、プライバシーのポリシーは一元的に定義されます。この一元化により、企業の多様なデータベース環境のセキュリティ保護に必要な時間、労力、専門知識を削減できます。
・データベースアクティビティ監視(DAM)ソリューションやロギングツールとのネイティブ統合により、既存のデータセキュリティ投資を置き換える必要がありません。

Network Consulting Services社のCEOであるBryan Boam氏は、次のように述べています。「複雑なマルチクラウド環境の中で、企業はより優れたセキュリティの洞察と管理を必要としています。Impervaが提供する包括的なデータセキュリティ製品は、当社がお客様にそのような機能を提供するのに役立ちます。このようなソリューションを当社のポートフォリオに持つことで、断片的なソリューションしか提供していない競合他社に対して明確な優位性を持つことができます。」

Impervaについて
Impervaは、データとそこに至るすべてのパスを保護することをミッションに掲げるサイバーセキュリティのリーダーです。Impervaは、6,200社を超えるお客様のアプリケーション、データ、ウェブサイトをサイバー攻撃から保護しています。エッジ、アプリケーション、データセキュリティを組み合わせた統合的なアプローチにより、お客様のデジタル・ジャーニーをあらゆるステージにおいて保護します。また、Imperva Research Labs、および当社のグローバル・インテリジェンス・コミュニティを通して脅威の一歩先を行き、最新のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの専門知識をソリューションにシームレスに統合しています。
Impervaウェブサイト: https://www.imperva.com/jp/

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社Imperva Japan(カブシキガイシャインパーバジャパン)
代表者
ローン・フェゼック(ローン・フェゼック)
所在地
〒104-0031
東京都中央区京橋2-7-14 BUREX京橋 211
TEL
03-6263-0671
業種
ソフトウエア
上場先
その他
会社HP
https://www.imperva.com/jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.