2021年04月15日 14:00

【情報処理学会】データサイエンス・カリキュラム標準(専門教育レベル)の公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人情報処理学会(会長:江村 克己)は,データサイエンス分野における大学レベルの専門教育を対象としたカリキュラム標準の策定を進めています.このたび,同カリキュラム標準がまとまりましたので,2021年4月15日に公開いたしました. https://www.ipsj.or.jp/annai/committee/education/public_comment/kyoiku20210415.html

政府が推進しているAI戦略2019や欧州EDISON Data Science Framework等にも見られるように,データサイエンス教育やデータサイエンティストの育成は社会的にも重要性が高いことが認識されています.情報処理学会のデータサイエンス・カリキュラム標準(専門教育レベル)は,関連する様々な取り組みを参照して策定されており,以下に挙げる様々な特徴を持っています.・ACM Data Scienceカリキュラムおよび欧州EDISON Data Science Frameworkの参照を通じて,国際的通用性を確保する.
・データサイエンティスト協会・DSスキルチェックリスト(★レベル)の参照を通じて,情報処理学会で策定中のデータサイエンティスト資格との連携を図る.
・データサイエンスを専門とする学生に求められる知識・スキルの具体化を図る.
・60単位程度(標準的な授業時間:約675時間)の規模とする.
・数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム(リテラシーレベル)の学修を前提とする.

大学設置基準の改正(令和3年2月26日)に伴って盛り込まれた連携開設科目や,新型コロナ禍に伴って普及したオンライン教育を積極的に活用して,本カリキュラム標準を参照したデータサイエンス専門教育が推進されることを期待しています.


1. 情報処理学会 データサイエンス・カリキュラム標準(専門教育レベル)
  https://www.ipsj.or.jp/annai/committee/education/public_comment/qe83kf0000002hlu-att/a1618203503118.pdf
2. 「データサイエンス・カリキュラム標準案(専門教育レベル)」に関する意見募集の結果について
  https://www.ipsj.or.jp/annai/committee/education/public_comment/qe83kf0000002hlu-att/a1618203547684.pdf

本件に関するお問い合わせ
一般社団法人情報処理学会 研究部門
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
Email:sig@ipsj.or.jp  ※@は半角に置き換えてください。

  • 教育、資格、スキル

会社概要

社団法人情報処理学会
商号
社団法人情報処理学会(シャダンホウジンジョウホウショリガッカイ)
代表者
木下 泰三(キノシタ タイゾウ)
所在地
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
TEL
03-3518-8374
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
会社HP
https://www.ipsj.or.jp
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.