2021年04月20日 09:00

新型コロナウイルス訪問支援事業 神戸市との契約締結について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年より、世界中をパンデミックとなっている新型コロナウイルスが日本でも蔓延しています。毎日、新規感染者増加数の更新を行っている状況でも有り、経済、国民生活に影響をしています。緊急事態宣言などで収束を図っていますが、現状においては、なかなか収束が見えない状況に陥っています。
神戸市においても、感染者が増加傾向であり、コロナ病床使用率は、93~97%となり医療現場の崩壊が既に起こっている状況です。
また、新型コロナに関して、神戸市では変異型が中心の感染者が増加している現状があります。在宅には、300名以上の入院調整中の方が増えています。神戸市が在宅で療養が可能になるよう検討を進めてこられ、事業化されました。
本年の2月に新型コロナ訪問支援事業を立ち上げられ、訪問看護ステーションに協力要請がありました。株式会社シャーンティは、医療従事者として何か自分たちにできることはないのかと自問自答していた毎日でしたので、神戸市より要請を受けたときに、社員とも話し合いを行い、社会問題を解決するために神戸市と新型コロナウイルス訪問支援事業を2021年2月20日に契約締結し、2021年3月22日より新型コロナウイルス自宅療養者の受け入れを神戸市全域で実施し、サポートを開始しましたことをご報告いたします。また、株式会社シャーンティは、唯一、神戸市全域で受け入れを行っております。

在宅療養しているコロナ感染者が日々、「自分が死ぬのではないか」「重症化するのではないか」と日々、不安の中療養をされています。弊社は、今、医療が必要な方に手を差し伸べるということを理念として事業を進めております。
また、コロナ病床で働く医療従事者、保健所の保健師は、1年前より従事され、私達も頭が下がる思いです。
弊社も何かできることはないのかと考えたときに、我々のフィールドである在宅でコロナの患者様を支えることができるのではないか、私達もコロナ現場に入り、少しでも今、働いておられる医療従事者、保健師の皆様の負担軽減を図れるのではないかと考えました。そして、一番は、コロナ患者様の命を守ることが重要ではないかと考え決断をしています。

在宅のコロナの現場は、医療器具などが全くないところで状態観察などを行っております。異常の早期発見を行い、中等症になったタイミングで保健所と協働して病床確保し、救急搬送を行っております。患者様の状態観察以外にも不安軽減のためのサポートも含め休みなく関わっております。
弊社は、悲しいニュースだけでなく、今、感染されている方へのメッセージを込めた意味で、完治された方の喜びの声なども発信を行ってまいります。
  • 2021年04月20日 09:00
  • 福祉
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社シャーンティ(カブシキカイシャシャーンティ)
代表者
龍田 章一(タツタ ショウイチ)
所在地
〒651-2117
兵庫県神戸市西区北別府5丁目24−9 バージンブリッジⅡ−1F
TEL
080-2536-9909
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://sha-nty.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.