2021年05月17日 13:00

JBCC、金融DX事例を公開、きらぼしテック様のフィンテック"前給サービス"をクラウドへ全面移行 ~高度なマネージドセキュリティ対策を実装~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JBCC株式会社(以下JBCC)は、運用付きクラウドサービス「EcoOne」&セキュリティ運用支援トータルサービスの新たなお客様事例を公開しましたのでお知らせします。(2021年5月17日)

JBCCは、きらぼし銀行のフィンテック子会社であるきらぼしテック株式会社様が運用する「前給システム」をクラウドへ全面移行し、刷新しました。新たなシステム基盤では、JBCCのクラウド&セキュリティ運用監視メニューを組合せ、24/365体制の安心運用をスタート。金融DXに最適なFISC安全対策基準(*)に準拠するセキュリティ環境と、利用者の増加や事業拡大に即応できる柔軟な拡張性を実現しました。

今回クラウド化した「前給システム」は、給料日前に働いた範囲内でお金を受取ることができる「前給」サービスのシステムです。きらぼしテック様は「前給システム」を他行へOEM提供しており、全国の地方銀行へのサービス展開を展望するなかで、利用量拡大に伴うサーバーリソース拡張に迅速対応できるというメリットが見込まれています。さらに「前給システム」をより便利に活用するため、デジタルマネー・デジタルウォレット機能や決済手段を備えた「ララQ」アプリのサービス開始も予定されており、ビジネス拡大を支えるシステム基盤としてより一層の効果が期待されています。

詳細は、JBCCサイトのお客様事例でご確認ください。
https://www.jbcc.co.jp/casestudy/cloudsec/ecoone/kiraboshi-tech.html

JBCCならびにJBグループは、今後もフィンテックを活用したビジネス創出に取り組む金融機関のDX推進をご支援していきます。

【ララQについて】
ララQは全国の提携先のコンビニや飲食店で利用できる電子マネーの決済サービス「ララPay」を備えたアプリで、現在申請中の資金移動業の登録認可を前提にサービス開始予定です。前給システムとも連携するため、「前給」サービスで受け取るお金をオリジナルデジタルマネーの「ララPay」でも受け取れるようになる他、「ララPay」で買い物ができたり、他のPayサービスへのチャージや「ララQ」同士で送金できる機能も備えています。
ララQ:https://www.lala-q.jp/

【JBCC株式会社について】
JBCC株式会社は、クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛ける総合ITサービス企業です。超高速システム開発を特長とし、セキュリティ・AI・RPA等のサービスとともに、お客様のシステムの課題を技術力とスピードで解決します。
コーポレートサイト: https://www.jbcc.co.jp/

※JBCC株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(代表取締役社長:東上 征司/本社:東京都大田区)の事業会社です。

(*)公益財団法人金融情報システムセンター(The Center for Financial Industry Information Systems)が定めた「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」、金融機関の情報システム向けの安全対策基準のガイドライン。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
JBCCホールディングス株式会社(ジェイビーシーシーホールディングスカブシキカイシャ)
代表者
東上 征司(ヒガシウエ セイジ)
所在地
〒144-8721
東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F
TEL
03-5714-5179
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.jbcchd.co.jp/
IR情報
https://www.jbcchd.co.jp/ir/index.html
公式ブログ
https://www.facebook.com/jbcchd

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.