2021年05月18日 13:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2021年 製薬企業のR&D戦略について調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近年の国内医療用医薬品市場は、後発品のシェア拡大に加え、新薬開発の高度化や創薬ニーズの多様化により、研究開発が長期化している状況にある。
この現状を打破すべく、主要各社はグローバル事業の強化に注力している。
具体的には、海外企業、アカデミア、ベンチャーとの提携・M&Aを通じた開発パイプラインの獲得や、大型新薬の開発を推進している。
当資料では国内専業企業、国内兼業企業、外資系企業の25社を対象に、各社の研究体制、R&D費用・R&D比率、R&D要員、提携状況、新薬の発売・開発状況、今後の戦略を調査し、大型製品のパテントクリフや後発品の台頭に対応する各社のR&D戦略をまとめている。

概要
◆国内医療用医薬品市場は近年、後発品のシェア拡大に加え、新薬開発の高度化や創薬ニーズの多様化により、研究開発が長期化するなど、厳しい環境が続いている。

◆こうした現状を打破すべく、主要各社はグローバル事業の拡大をより一層強める動きがみられている。すなわち、海外企業、アカデミア、ベンチャーとの提携・M&Aを通じた開発パイプラインの獲得や、大型新薬の海外における開発などの動きが活発化している。
このうち、武田薬品工業はバイオ医薬品企業Shireを買収し、グローバルレベルで研究開発体制を強化した。このほか、第一三共では米国、大日本住友製薬では北米や中国の事業拡大を戦略として掲げている。

◆また、外資系企業は前回調査に比べて、国内での開発パイプラインが拡大傾向にあり、引き続き新薬の研究開発を推進していく。

◆当資料では国内専業企業、国内兼業企業、外資系企業の25社を対象に、各社の研究体制、R&D費用・R&D比率、R&D要員、提携状況、新薬の発売・開発状況、今後の戦略を調査し、大型製品のパテントクリフや後発品の台頭に対応する各社のR&D戦略をレポートしている。

TPC市場調査レポート
「2021年 製薬企業のR&D戦略」
―グローバル事業の拡大に注力する各社のR&D戦略―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr310210552

資料体裁:A4判218頁
発刊日:2021年5月13日
頒価:108,900円(税抜:99,000円)
【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
設立:1991年8月
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
電話番号:06-6538-5358
  • 医療、福祉

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.