2021年06月04日 13:00

新刀・新々刀入門とかたな旅のダブル特集!『刀剣画報 水心子正秀と新刀・新々刀入門/ニッカリ青江の旅』6月5日(土)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、刀剣×歴史のビジュアル誌『刀剣画報』第9弾『刀剣画報 水心子正秀と新刀・新々刀入門/ニッカリ青江の旅』を2021年6月5日(土)より全国書店にて発売いたします。





今回の刀剣画報は、新々刀の代表的刀工・水心子正秀をはじめとした新刀・新々刀特集と、ニッカリ青江をめぐるかたな旅のダブル特集です。


「新刀・新々刀入門」
慶長(戦国時代末期)以降に打たれた刀「新刀」、さらに天明(江戸後期)以降に打たれた「新々刀」を解説。
「新刀」は名刀工・堀川国広や長曾祢虎徹、加州清光、越前康継、埋忠明寿らを網羅。「新々刀」は水心子正秀、源清麿、南海太郎朝尊、大慶直胤、和泉守兼定(会津)などの実力派刀工の作品を集めています。

「ニッカリ青江の旅」
刀工の故郷である青江と、現在の所蔵場所である丸亀をそれぞれ訪れるかたな旅特集です。


毎号人気の原寸大ポスターは、水心子正秀&源清麿×ニッカリ青江





◆堀川国広と新刀入門/水心子正秀と源清麿~新々刀の神髄~◆
「新刀の祖」と呼ばれ、その後の日本刀の流れに大きな変革をもたらした堀川国広を中心に、新刀の刀工とその代表作を紹介。
また、大きな影響力を持った刀工集団は、集団ごとに解説しています。

日本刀が盛んに作られた最後の時代、新々刀期。
多くの弟子を育て、新々刀を最盛期に導いた水心子正秀と、卓越した技量を誇った天才・源麿を中心にその代表的な刀工たちをご紹介。



◆ニッカリ青江の旅◆
丸亀京極家の重宝として伝わる名刀・ニッカリ青江。
そのゆかりの地である備中青江、倉敷、丸亀を巡る旅をご提案。
ゆかりの神社や博物館などのスポットからカフェ、ごはんまで、かたな旅の楽しみ方を紹介する。



◆甘味画報◆
和のこころを感じる”甘味”にスポットを当てた新連載・甘味画報もスタート。
刀剣にも通じる日本の粋を味わおう。



その他、瑞龍寺奉納刀について解説するページでは、加賀藩2代藩主・前田利常が、初代藩主・利長の眠る瑞龍寺に、4代藩主・綱紀の武運長久を願って奉納した22振の刀剣「瑞龍寺奉納刀」を解説。
瑞龍寺奉納刀とは何か、現状はどうなっているのかを学べるページとなっている。





『刀剣画報 水心子正秀と新刀・新々刀入門/ニッカリ青江の旅』
●定価:1,485円(本体1,350円+税10%)
●雑誌コード:68156-85
●ISBNコード:978-4-7986-2515-7
●JANコード:9784798625157
●判型:A4変型判 平綴じ
●発売日:2021年6月5日


【関連リンク】
●ホビージャパンの出版物リスト http://hobbyjapan.co.jp/books/
●刀剣画報 公式WEBサイト http://hobbyjapan.co.jp/tokengaho/
●刀剣画報 公式Twitter https://twitter.com/rekitan_hj
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

添付資料

  • COVER
  • CUT01
  • CUT02
  • CUT03
  • CUT04
  • CUT05

会社概要

株式会社ホビージャパン
商号
株式会社ホビージャパン(カブシキガイシャホビージャパン)
代表者
松下 大介(マツシタ ダイスケ)
所在地
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-15-8 
TEL
03-5304-9110
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://hobbyjapan.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.