2021年06月07日 12:30

SNEC 2021|ジンコソーラー分散型太陽光パネル、BIPV、蓄電システム新製品公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年6月3日、ジンコソーラーは上海SNEC 2021展示会で、Tiger Proシリーズ415 Wの高効率太陽光パネル、BIPVシリーズ製品及びジンコソーラーの新たなスマート蓄電システムなど多くの新製品を発表した。

分散型太陽光発電事業に--Tiger Proシリーズ415W太陽光パネル
戸建て住宅の屋根などに太陽光パネルを設けている一般家庭向けの需要を取り込み、ジンコソーラーはTiger Proシリーズ415 Wの高効率太陽光パネルを発売した。最高出力が415 Wで、最高効率は21.3%に達したTiger Proシリーズ415 Wの高効率太陽光パネルは、幅が1.1m、高さ1.72m、重さ22 kgで、一人でも搬送可能である。また、業界 トップクラスの15年間製品保証と25年間リニア出力保証を提供する。

戸建て住宅を適用し、かつ競争力のあるスター製品として、機械的負荷の面では、415Wモジュールは機能強化モジュールフレームを使用し、フレームの表面にジグザグに配置したため、操縦安定性に貢献した。フレーム材料において、材料の厚さと強度を強化することによって、Tiger Pro 415W太陽光パネルを6000Pa/4000 Paの超高負荷にすることができる。

建材一体型太陽光発電(BIPV:Building Integrated Photovoltaics)
建材一体型太陽光発電(BIPV)は、低炭素の社会づくり、省エネ・環境保護を助ける新型太陽光発電製品として、現代建築美学を持ち、実用性と観賞性の両立を実現した。ジンコソーラーは建物の外壁に適用されるBIPVカラースクリーン製品を発表したほか、工業または建て替えられた建築屋根に向けCaigang Watts製品を発売する。

信頼性の面では、ジンコソーラーのBIPVが6+6 mmという強化複層ガラスを採用し、機械的負荷は8100 Paに達し、従来の部品より50%以上高くなり、中国強制製品認証制度【英語:China Compulsory Certification(CCC)】の標準に適合する。

防火性能において、BIPV製品はCLASS Aという耐火等級に達した。使用されたパッケージ材料のポリビニルブチラール(PVB)膜は、太陽光パネルの信頼性と耐衝撃性を全面的に向上させ、さらに50年までに向上させた。また、ジンコソーラーのカラー建物一体型太陽光発電(BIPV)製品は、サイズと出力の構成をカスタマイズ可能で、最大出力1000 Wをカスタマイズ可能である。

ジンコソーラーのBIPV Caigang Watts製品は業界でよく見られる608 mmの標準サイズを採用し、既存の屋根に適合し、モジュールのサイズ、電池の配置と鋼構造の設計によって、システムの発電量を3%以上向上させる。また、BIPV Caigang Watts製品はスマートチップを採用し、陰影による発電性能を最適化し、発電量を約2%向上させることができる。信頼性の面では、BIPV Caigang Watts製品はロック設計による防水、耐風圧性能があるため、極端な環境まで完璧な運行状態を維持できる。

ジンコソーラーのAI(人工知能)付き蓄電システムSUNTANK
今回、ジンコソーラーが発表した蓄電システムSUNTANKは、事業用・住宅用及び大型地上発電所に向け、より高安全性、高集積度と高効率のある蓄電システムである。

SUNTANKの出力が5.9 kWで、容量が6キロワット時、9キロワット時、12キロワット時の3種類がある。電池の寿命のサイクル回数が8000回で、加熱コイルが配置されたため、スマートフォンなどで発電状況の確認や充放電の制御ができる。零下30度の場合では正常運行をサポートできる。

ジンコソーラー産業用蓄電システム製品は電池、PCS、直流電源モジュール、EMSなどの設備を設置して、高集積度化を最大限に生かす。また、直流電源(DC電源)結合の方式を採用し、光起電力をサポートし、太陽光発電システム効率を大幅に向上させる。

ジンコソーラーは常に革新研究と開発を集中し、新 エネルギーの普及拡大等に努めている。現在では、ジンコソーラーは「太陽光発電業界+分野」を積極的に配置し、技術革新によって分散型太陽光発電事業のLCOE 削減を推進し、更にクリーンなエネルギーソリューションを提供することに力を尽くしている。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2020年12月31日において、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が約22GW、太陽電池が11GW、太陽光発電モジュールが31GW となりました。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.