2021年06月15日 09:00

IDTechExは、『AIを使った創薬アプローチ』に関する最新調査レポートの販売を開始しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年6月15日
アイディーテックエックス株式会社

IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は「創薬における AI 2021年: 有力企業、技術および用途」と題した調査レポートを発行し、2021年6月7日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社(東京都千代田区)からの販売を開始しました。

◆ 調査レポート日本語タイトル:
「創薬における AI 2021年: 有力企業、技術および用途」
◆ 正式タイトル(英語):
AI in Drug Discovery 2021: Players, Technologies, and Applications
◆ 発行元: IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)
◆ ページ数: 161
◆ 無料サンプルページ あり
◆ ウエブサイト
https://www.idtechex.com/ja/research-report/ai-in-drug-discovery-2021-players-technologies-and-applications/818

医薬品の開発には、長い時間とコストがかかります。製薬会社やバイオテクノロジー企業は、通常、1つの医薬品を市場に投入するために10億ドル以上を費やし、そのプロセスはしばしば10~15年以上に及びます。さらに、医薬品の開発プロセスは非常にリスクが高く、安全性や有効性などの問題により、最大で90%の医薬品候補がプロセスの途中で取り下げられ、企業は巨額の損失を被ることになります。

人口知能(AI)は創薬を含め医薬品開発における長年の問題を解決することのできるテクノロジーとして注目を浴びています。このレポートは、数十億ドルの投資やバイオ医薬品業界と AI 創薬系ベンチャー企業との契約を生み出している主要な機械学習とディープラーニング(アーキテクチャとアルゴリズム)、開発企業、ならびに用途に着目しています。AI は創薬の開発期間を大幅に短縮して、バイオ医薬品業界にとって多大なコスト削減をもたらします。

◆この調査レポートの主目次(詳細は目次のページでご確認ください)
1. 全体概要および結論
2. イントロダクション
3. 創薬プロセスにおける人口知能(AI)の主な用途
(それぞれの用途に関連するアーキテクチャとアルゴリズムを含む)
- 構造ベースのバーチャルスクリーニング
- リガンドベースのバーチャルスクリーニング
- 表現型バーチャルスクリーニング
- デノボ化合物医薬品設計
- リード最適化
- 化学物合成計画
- インタビューを含む企業概要
4. 市場の展望
- 有力企業
- 資金調達
5. 業界概要

◆このレポートは以下の情報を提供します。
技術分析
- 創薬用途による機械学習とディープラーニング・アルゴリズム
- AI ソフトウェアの機能
- 技術の成熟度
市場分析
- 主要な有力企業
- 用途別の有力企業
- AI ソフトウェアの機能
- 用途別の資金調達
- 商用化の進展

◆当調査レポートの目次
https://www.idtechex.com/ja/research-report/ai-in-drug-discovery-2021-players-technologies-and-applications/818

IDTechExの調査レポートは、アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が、販売しています。

【本件に関するお問合せは、下記まで】
アイディーテックエックス株式会社
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

アイディーテックエックス株式会社
商号
アイディーテックエックス株式会社(アイディーテックエックス)
代表者
山元 康夫(ヤマモト ヤスオ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL
03-3216-7209
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
https://www.idtechex.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.