2021年06月21日 14:00

健康経営に長けたメンタル産業医 合同会社パラゴン代表|第94回日本整形外科学会総会シンポジウムで共同演者担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年6月10日から7月12日まで第94回日本整形外科学会学術総会(以下、学会)がWEB開催されています。
URL:http://www.joa2021.jp/app/index.html

そのシンポジウム52「若手整形外科医の育成―労働衛生の観点から―」を産業医科大学整形外科学講師川崎展(まこと)医師が筆頭シンポジストとして講演されています。健康経営に長けた合同会社パラゴン(東京都港区 URL:https://pro-sangyoui.com代表社員櫻澤博文も共同演者として講演内容編成に協力しました。


2019年度より労働基準法に時間外労働に上限規制が課せられたことから、厚生労働省は医師の働き方改革の仕上げとして「医師労働時間短縮計画」「医師の健康確保」と「評価機能」が規定される医療法改正を実施しようとしています。しかしながら平成26年度医師・歯科医師・薬剤師調査(厚生労働省)によると、整形外科は女性医師が4.6%と、診療科の中で女性医師の割合が最低で、また令和元年度調査によると、時間外労働が1,860時間を超える整形外科医は10.1%も存在していました(図1)。

整形外科はいわゆる3k(「きつい」、「苦しい」、「汚い」に加え「苦痛」、「気が滅入る」、「帰れない」とのKも加えられる6K職場と目されていて、腰痛や肩こりを訴えるのは女性が多い中、対応できる女性医師が少ない現状では整形外科学会の明日はありません。そこで整形外科医を取り巻く状況をより働きやすくする方法や対策を集約し、学会参加者に修学目的に企画されたのがシンポジウム52「若手整形外科医の育成」です。

川崎展医師より、自身が整形外科医を志した25年前の実情を踏まえ、2024年からの医師の時間外労働上限規制の現状(図2)、

厚生労働省、日本医師会および医療機関による週20時間分のタスクシフトという、医師業務分担の実例紹介(図3)、

産業医科大学での実際の働き方改革、同整形外科学講座でのITを活用した会議の削減例(図4)他、令和3年4月からの改正電離放射線障害防止規則にさえ対応した対策等、明日からすぐ導入できる対応事例が複数紹介されました。
川崎展医師は、ORCID(Open Researcher and Contributor ID)という、ITを通じて学術コミュニケーションや学術研究の発展に寄与することを通して社会をより良くすることを目的とした非営利団体が運営する研究者情報によると、以下のとおり世界に通じる優れた研究者でもあります。
https://orcid.org/0000-0001-8410-5800

今回の川崎展医師の取組みによって、整形外科学医が働きやすくすることでしょう。

当社はストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえた働きやすい職場づくり等を通じ、「健康経営」を具体的に推進する組織として知られており、かつその実施者である櫻澤博文は「メンタル産業医」の命名者です。

以下の議論に参加してきている立場でもあります。

その1:2019年4月29日 第30回日本医学会総会 2019中部「医師の社会的使命と過重労働・ワークライフバランス」
シンポジストとして行政(官)や日本医師会、そして学者(学)からの分析や検討に関する議論に参加すると共に、産業医という実務家の立場から、「産官学」が三位一体となれるような、つまりは最適と考えられる具体的対応方法を紹介。


その2:2020年6月12日~28日 第93回日本産業衛生学会 シンポジウム13「令和時代の産業保健支援とは~恒常的人口減社会における産業保健支援のあり方~」(WEB開催)
共同座長兼シンポジストとして、医療・保健福祉業における医療・保健福祉職の労働安全衛生管理の在り方や労働者性に関して議論を主導。
また、これらを含めた当社のこれまでの医療保健福祉機関に対する支援内容は以下から確認できます。

https://pro-sangyoui.com/iryouhokenfukushisangyoui

以上の背景を持つ立場から、以下の情報提供を行いながら、川崎医師に、そのシンポジストとしての発表内容の構成要素と内容とを提案しました。



労働者性の構成要件やその保護のために必要となる時間外労働を規制する法的保護概念

法的保護概念を実現させるために国や日本医師会が構築した具体的な対応

快適職場形成に向け、医療機関として時間外労働削減のための具体的対応手段




今回、日本整形外科学会がシンポジウムとして産業医学をリードする組織からの、より具体的な実践内容を取り上げました。このことで全国の整形外科医は、よりイキイキと、その持つ医療技術を提供できるようになることが期待できるでしょう。その結果、受療者側である市民の満足度や充足度も、より高まることが期待できます。

今後は、他の、例えば心臓血管外科や産科といった外科系医療にも、上記の内容が水平展開されていくことで、医療の享受者である市民が、より安心して病院やクリニックにかかることができることを願ってやみません。




【合同会社パラゴンの概要】
社名  : 合同会社パラゴン
本社  : 〒107-0062 東京都港区南青山5-17-2 シドニービル502
代表者 : 櫻澤 博文
事業内容: 官公庁・企業の健康管理部門請負全般、
特に
(1) メンタル産業医による休職前・休職中・復職前・復職後支援提供
(2) 「健康経営優良法人」認証取得支援
(3) ストレスチェック制度の構築・運用・実施者対応
URL   :https://pro-sangyoui.com/
  • 医療、福祉

会社概要

商号
合同会社パラゴン(ゴウドウカイシャパラゴン)
代表者
櫻澤 博文(サクラザワ ヒロフミ)
所在地
〒107-0062
東京都港区南青山5-17-2 シドニービル502
TEL
03-6869-0698
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://pro-sangyoui.com/
IR情報
https://pro-sangyoui.com/outline
公式ブログ
https://www.linkedin.com/in/hirofumi-sakurazawa-md-mph-ph-d-65b32255/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.