2021年07月05日 10:00

高速12ビットADC、FPGA、および高速DACで構成され、RFクロック制御の信号処理チェーン「iGp12」販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年7月5日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、米国デムテル(Dimtel, Inc.)社正規代理店)は、高速12ビットADC、FPGA、および高速DACで構成され、RFクロック制御の信号処理チェーン「iGp12」販売を開始いたします。

iGp12は、レプトンストレージリングでのバンチごとのフィードバックと診断用に設計されています。機能的には、iGp12は、リング内のすべてのバンチを個別に処理するように構成されたベースバンドバンチバイバンチ処理チャネルを実装します。各バンチの信号は、32タップのFIRフィルターを通過してから、1ターンの遅延に送信され、そこから高速DACに送信されます。

主な信号処理チェーンは、高速12ビットADC、FPGA、および高速DACで構成され、RFクロックによって駆動されます。 FPGAは、リアルタイム制御計算の実行に加えて、高速データ集録メモリ(SRAM)、低速アナログおよびデジタルI / O、温度と電源など、多数のオンボードデバイスとインターフェイスします。電圧モニター。次に、FPGAは内部USB接続を使用して、同じシャーシに収容された組み込みIOCコンピューターと通信します。 IOCはLinuxオペレーティングシステムを実行し、イーサネットを介して制御システム全体に接続されています。

システム制御と診断はEPICSを介して実行されます。すべての制御および診断機能には、付属のEDMパネルからアクセスできます。取得した診断データは、オフライン分析のために外部ツールにエクスポートできます。

◆iGp12 仕様
・全般
パラメーター: 定義
サンプリングレート: 100~510 MHz
FIRタップ: 32
サポートされるハーモニック番号: 12-5120
フィデューシャルシグナル: フォーリング エッジ トリガ、調整可能なしきい値(NIM/TTL/ECL/LVDS/LVPECL)
最小受託パルス幅: 1 RF 期間(TRF )
外部トリガ入力: 2 入力、調整可能なしきい値 (NIM/TTL/ECL/LVDS/LVPECL)
最小トリガパルス幅: 2×TRF
データ収集メモリ: 12 Mサンプル
低速アナログ入力: 8 チャンネル @ 12 ビット
アナログ出力が遅い: 8 チャンネル @ 14 ビット
デジタルI/O: 32の双方向信号、LVTTL

・高速 ADC および DAC
パラメーター 定義
ADC入力: 2 (差動)
ADC入力感度: 780 mV ピークからピーク(+1.8 dBm)
ADCの解決: 12ビット
ADC入力帯域幅: 1.3 GHz
DAC出力: 2 (差動)
DAC出力スイング: 800 mV ピークからピーク(+2 dBm)
DACの解像度: 12-14 ビット
DAC 10/90 上昇/降り時間: 350 ps以下

・FIRフィルタ制御
パラメーター: 定義
係数: Q15形式で 16 ビット幅
係数セット: 2
係数セットの選択: ユーザー制御可能
シフトゲイン: 0-7 (1-128 実際の利益)
ダウンサンプリング 1-32

・コントロール パラメータ
パラメーター 定義
1ターン遅延 ステップあたりの TRF、最大 1 回転
ADCクロック タイミング 10 psステップで 0-TRF
DACクロック タイミング 10 psステップで 0-TRF
アナログ出力 8チャンネル
高速DACオフセットトリム 1チャンネル
受託者およびトリガーのしきい値 3チャンネル
デジタル出力 32の汎用入力/出力

・データ取得コントロール
パラメーター 定義
メモリ選択の記録 内部ブロックRAMまたは外部SRAM
測定トリガ 内部(ソフトウェア)または外部(ハードウェア)
外部トリガーアーミング 単一または各ビームデータの読み出し後
記録された成長の長さ 3つのサンプルの単位で調節可能、完全な記憶長さまで
録音前の保留 3サンプル単位で、0~232-1
ダウンサンプリングの記録 1から32まで

・監視と診断
パラメーター 定義
クロックの状態 RFクロックが欠落しています, DCM ロック
フィードバック チャネルのステータス FIR飽和
取得状態マシンの状態 トリガー・アーミング・ビット
電圧 FPGAコア電源、3.3 V、5 V、12 Vバルク
温度 FPGA、アンビエント、2つのECLデバイス、IOC CPU
ファンの速度 シャーシと IOC CPU
アナログ入力 8 つの低速ADCチャネル
デジタル入力 32の汎用入力/出力

・ドライブ信号発生器
パラメーター 定義
出力波形 新しい、正方形、または DC
振幅 0 からDACフルスケール
バンチの選択可能性 バンチバイバンチドライブ有効マスク。束のサブセットを駆動可能
周波数範囲、束ごとのモード 0-FRF/2
周波数スイープ スイープスパンと期間によって設定
入力電力要件
パラメーター 定義

・入力電圧 115/230 VAC
入力電流 2/1 A
周波数 60/50 Hz
電圧選択 スイッチ
低電圧範囲 104-126 V
高電圧範囲 207-253 V

【デムテル(Dimtel, Inc.)社について】
デムテル(Dimtel, Inc.)社は、2006年に設立されたアメリカ合衆国サンノゼに本社がある粒子線加速器用のアナログおよびデジタル信号処理ソリューションの専業メーカーです。世界の最先端の粒子線加速器に関する研究開発機関や企業で採用されています。デムテル社製品は過去、国内でも採用実績があり、稼働しております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ポジティブワン株式会社(ポジティブワンカブシキカイシャ)
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.