2021年07月26日 11:30

Microchip、NVMe / 24G-SAS / SATAの3モードRAIDアダプタとHBAストレージ アダプタの出荷を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[NASDAQ: MCHP] - ストレージ プラットフォームを設計しているクラウドサービス プロバイダとサーバメーカーは、次世代データセンター向けに優れた性能、柔軟性、セキュリティを必要としています。

Microchip Technology Inc.(http://www.microchip.com/)(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、Adaptec(R) Smart Storage PCIe(R) Gen 4 NVMe 3モードSmartRAID 3200 RAIDアダプタ、Adaptec SmartHBA 2200およびAdaptec HBA 1200ホストバス アダプタを発表しました。これらのアダプタは市場をリードする性能、次世代のNVMeおよび24G SASサポート、容易な管理、次世代データセンター インフラストラクチャに求められる厳しいセキュリティ レベルを実現しています。

「Microchip社の新しいAdaptec 3モードストレージ アダプタは、最新のPCIe Gen 4ベース サーバストレージ ソリューションに必要な性能、接続性、セキュリティ、管理容易性を提供します」とMicrochip社データセンター ソリューション部門製品マーケティング担当副社長のAndrew Dieckmannは述べています。

「これらのアダプタは、最新のNVMeおよび24G SASメディア、12G SASおよび6G SATA SSDおよびHDDを柔軟にサポートし、ストレージ アダプタのセキュリティと性能に関して業界の新たなベンチマークとなる製品です。」

「当社のクラウドおよび企業顧客は、膨大なデータセットを効率的かつ確実に素早く移動できるストレージ システムを必要としています」とIntel(R)社NPSG戦略企画および製品マーケティング担当取締役のGreg Matson氏は述べています。

「従来製品に対して最大4倍の性能を持つx8およびx16 PCIe Gen 4をサポートするMicrochip社の最新Smart StorageアダプタをIntel社の最新TLCおよびQLC PCIe 3D NAND SSDと組み合わせる事で、高密度ストレージ ソリューションの性能を向上させる事ができます。」

「当社のNVMeおよびSAS/SATAインフラストラクチャ製品は、性能およびコスト目標を達成できるメディアの柔軟性、信頼性、スケーラビリティを提供します」とSamsung Electronics社メモリ ソフトウェア開発チーム担当上級副社長のSangyeun Cho氏は述べています。「Samsung社の最新PCIe Gen4 NVMeおよび24G SAS SSDはMicrochip社のSmartRAID 3200アダプタとの互換性テストを完了しており、即座に導入可能な状態です。」

Microchip社のSmart Storageアダプタは8~32ポートのNVMe 4.0と24G SASドライブをサポートしており、x8とx16のPCIe Gen 4 CPUインターフェイスを選択でき、従来製品に対して最大4倍の性能を提供します。DCM (Dynamic Channel Multiplexing) SASリンク アグリゲーション テクノロジ等の先進機能により99%超のエクスパンダ接続リンク効率を達成し、高密度ストレージ ソリューションの性能を大きく向上させます。

Microchip社のSmart Storageアダプタは、市場をリードする同社のSmart Storageスタックと包括的な管理ツールでサポートされています。この最新世代のアダプタではUBM (Universal Backplane Management)のためのSFF-TA-1005業界標準、インテリジェントなバックプレーン管理のためのIntel社VPP (Virtual Pin Port)、MCTP/BMCによるOOB (Out-of-band)管理の実装を簡単にするDMTF (Distributed Management Task Force)の規格に基づいたPLDM (Platform Level Data Model)/RDE (Redfish(R) Device Enablement)のサポートを追加しました。

「Micron社のNVMeおよびSATA SSDは、オンプレミス データセンターかクラウドかに関わらず要求の厳しいエンタープライズ ワークロード向けに幅広い性能と容量の製品を提供しています」とMicron社ストレージ ソリューション アーキテクチャ担当副社長のCurrie Munce氏は述べています。「Adaptec 3モードアダプタとMicron社のSSDを組み合わせる事で、高性能で低レイテンシのNVMeおよびSATAストレージを共通のシステム プラットフォームで展開する事ができます。」

「新しいストレージ技術はアプリケーションの性能とデータセンターの効率を高め、IT業界の発展に貢献します」とKIOXIA America社SSD事業部門SVP兼GMのAlvaro Toledo氏は述べています。「Microchip社の3モードSmart Storageアダプタ等のソリューションは次世代ストレージ アーキテクチャを可能にし、KIOXIA社の24G SASおよびSFF-TA-1001準拠(U.3) PCIe 4.0 SSDの真価を発揮させました。」

「2030年以降データセンターに保存されるエクサバイト オーダーのデータの大部分がHDDに保存されると予想されています」と世界有数のHDDメーカーであるSeagate Technology社の製品ライン マネジメント担当副社長のSai Varanasi氏は述べています。「マルチ アクチュエータ デバイスもサポートするMicrochip社製のアダプタは信頼性が高くセキュアであり、最新のデータセンター展開成功への鍵です。」

ストレージ インフラストラクチャはアダプタレベルとサプライチェーン両方のセキュリティ機能を必要としています。この新世代のアダプタはSED (Self-Encrypting Drive)とmaxCryptoTM CBE (Controller-Based Encryption)をサポートし、幅広いセキュア ストレージを提供します。これらの新機能は暗号化境界をSEDデバイスから拡張し、キャッシュメモリに格納されているデータもセキュアにします。Microchip社のTrusted Platformテクノロジはサプライチェーン セキュリティを提供し、Open Compute Security Projectイニシアチブと協調しています。

運用/管理ツール
Microchip社のAdaptec SmartRAID 3200 RAIDアダプタ、Adaptec SmartHBA 2200およびAdaptec HBA 1200ホストバス アダプタは全て、ローカル管理のためのAdaptec maxView Storage ManagerおよびARCCONF管理ツール、BMCによるリモート管理のためのMCTPとDMTF規格に基づいたPLDM (Platform Level Data Model)/RDE (Redfish Device Enablement)、ChipLink診断ツール等のSmart Storage運用/管理ツールでサポートされます。ファームウェア、ソフトウェア、関連文書はhttps://www.adaptec.com/supportで提供しています。Adaptecナレッジベースはhttps://ask.adaptec.comで公開しています。

在庫/供給状況
最大32ポートのSAS/SATA/NVMe内部接続とx8またはx16のPCIe Gen 4ホスト インターフェイスを備えたAdaptec SmartRAID 3200、SmartHBA 2200、HBA 1200ボードレベル アダプタは、本日より出荷を開始します。エンドツーエンドで構成カバレッジを検証済みの24G SAS-4およびNVMe対応ケーブルを含め、刷新されたケーブル ポートフォリオも提供します。

詳細はhttps://www.microchip.com/smartstorageをご覧頂くか、Microchip社または正規代理店にお問い合わせください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、Microchip社オンラインストアhttps://www.microchipdirect.com/)にアクセスするか、Microchip社の正規代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。
● イメージ: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/51314889320
● 動画: https://vimeo.com/574635234

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(https://www.microchip.com)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社(マイクロチップテクノロジージャパンカブシキガイシャ)
代表者
吉田 洋介(ヨシダ ヨウスケ)
所在地
〒105-0013
東京都港区浜松町 1-10-14 住友東新橋ビル3号館4階
TEL
03-6880-3770
業種
その他IT関連
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.