2021年07月29日 11:00

JBAT、kintoneアプリ間のデータ更新を自動化する「ATTAZoo U」発表 業務・部門間のデータ連携を実現、kintone利活用の大型化に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JBグループ※において先進技術研究と製品・ソリューション開発を担うJBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:吉松 正三、以下JBAT)は、サイボウズ社の業務改善プラットフォームkintoneのアプリ間のデータ更新を自動化するプラグイン(機能拡張ソフト)「ATTAZoo U(アッタゾー ユー)」を7月29日より提供開始します。
※JBCCホールディングス株式会社および事業会社の総称( https://www.jbcchd.co.jp/corporate/group/

サイボウズ社のkintoneは、現場で業務改善を内製できるローコード開発のプラットフォームとして、多くの企業※で利用されています。部門や業務内での情報共有から他の業務と連携して作業の効率化を図ったり、企業グループで利用する等、kintoneの利活用の範囲は広がり、大規模な導入事例も増えています。
※2021年4月末時点20,000社超(サイボウズ社詳細サイト https://kintone.cybozu.co.jp/what_is_kintone/why/

JBATの「ATTAZoo U」は、kintoneアプリ内のデータが更新された時に、別のkintoneアプリのデータを自動で更新するプラグインです。例えば、kintoneの案件管理アプリで営業活動を登録した時に、顧客管理アプリに登録されている顧客の最終訪問日を自動で更新すれば、日々の活動登録から顧客のマスター情報を常に最新の状態に保つことができます。また、受注・出荷という業務フローにおいては、出荷アプリに入力した出荷状況を前工程である受注アプリにも自動で更新することで、業務担当者は複数のアプリをチェックしたり二重入力する必要もなく、スムーズな業務連携と作業の効率化を実現します。
通常、kintoneでこれらの機能を実現するにはJavaScriptによるプラグラミングが必要ですが、「ATTAZoo U」は機能が実装されたプラグインとして提供されるため、開発不要で導入してすぐ利用することが可能です。

■「ATTAZoo U」導入のメリット
・複数のkintoneアプリへの二重入力の手間を省き、入力忘れや入力ミスを防止します。
・プログラミングスキルもメンテナンスも不要で、やりたいことがすぐに実現できます。
・kintoneアプリ間のスムーズな連携で、部門や業務の範囲を超えてkintoneの活用シーンが広がります。
■ 仕様
更新先のアプリ数: 更新元のアプリ1つに対し、更新先のアプリは最大5つ
更新先のフィールド数:更新先のアプリ1つに対し、更新するフィールド数は最大20

■ 価格
月額1万円(税抜き)/ kintone 1ドメイン利用あたり
※メールによるヘルプデスク・サービス付き(操作や技術的な質問への対応、問題の切り分けを実施)


今回の発表にあたり、サイボウズ株式会社様よりエンドースメントをいただいております。

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山 圭太 氏
サイボウズ株式会社はJBアドバンスト・テクノロジー株式会社の「ATTAZoo U」提供開始を心より歓迎いたします。今回の自動連携プラグインにより、業務・部門間のデータ連携が実現されることで、お客様の業務が円滑に進むことを期待しております。今後もさらなるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。


■ ATTAZooシリーズについて
「ATTAZoo」は、サイボウズ社製品に“あったら便利”な機能を拡張するプラグインリシーズです。今回発表の「ATTAZoo U」の他、複数のプラグインをセットにした「ATTAZoo+(アッタゾー プラス)」や、グループウェアであるGaroonのプラグインも開発・提供しています。kintoneのプラグイン販売サイトをはじめ、JBグループ各社およびサイボウズパートナー各社を通じて販売しています。

・ATTAZoo U
 対象のサイボウズ社製品:kintone
 kintoneアプリのフィールド(項目)が更新された時に、別のkintoneアプリのフィールドを更新するプラグイン。

・ATTAZoo+
 対象のサイボウズ社製品:kintone
 入力項目の表示/非表示、入力制限、自動採番等、kintoneでよく利用する機能をまとめて実装したプラグインセット。
 2017年の販売開始以来、累計販売数は1,000ライセンス超。
 https://www.jbcchd.co.jp/news/2021/05/27/110000.html

・ATTAZoo G for Zoom予約
 対象のサイボウズ社製品:クラウド版Garoon
 Garoonのスケジュール登録とZoomの会議予約が同時にできるプラグイン。(2021年6月発表)
 https://www.jbcchd.co.jp/news/2021/06/10/110000.html

「ATTAZoo」シリーズは、JBグループが展開するトータルITサービス「HARMONIZE(ハーモナイズ)」の「アプリ連携ソリューション」で提供されるサービスです。JBATが開発・提供するクラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe」の技術でkintoneアプリ間の連携を実現しています。


■ HARMONIZEについて  https://www.jbcchd.co.jp/itservice/harmonize/
「HARMONIZE」は、JBグループが提供する超高速開発、クラウド、セキュリティ、データ連携等のソリューションを、経済産業省の提唱するDXフレームワークの枠組みに基づき、強化、再構築したサービス体系。JBグループの持つデジタルテクノロジーや手法を取り入れ、進化する最新のDXを実現します。


■ JBアドバンスト・テクノロジー株式会社について  https://www.jbat.co.jp/
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社。JBグループにおいてクラウドサービスやソフトウェア等の製品開発および先進技術の研究を担い、ハイブリッド・クラウド環境での様々なデータをつなぐ“Qanatシリーズ”をはじめ、お客様の業務のデジタル化を実現するソリューションを開発・提供しています。

<本件に関するお問い合わせ>
報道関係の皆さま
JBCCホールディングス株式会社
広報・グループマーケティング 馬橋/長谷川
Tel: 03-5714-5177  E-mail: jb_info@jbcc.co.jp

お客さま
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
ソフトウェア事業 製品戦略部 綱田/杉山
Tel: 044-280-8606(代) E-mail: jbat_sol@jbat.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
JBCCホールディングス株式会社(ジェイビーシーシーホールディングスカブシキカイシャ)
代表者
東上 征司(ヒガシウエ セイジ)
所在地
〒144-8721
東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F
TEL
03-5714-5179
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.jbcchd.co.jp/
IR情報
https://www.jbcchd.co.jp/ir/index.html
公式ブログ
https://www.facebook.com/jbcchd

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.