2021年08月02日 12:00

東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)洋酒部門 初の殿堂入りアイテム10製品を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイスキー文化研究所が運営するTWSC実行委員会は、TWSC洋酒部門にて2021年度に「殿堂入り」した10製品を8月2日(月)に発表しました。TWSC3年目にして、今回が「初」の殿堂入りです。

「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」(主催・TWSC実行委員会)は、3回目を迎えた今年、洋酒部門に国内外から444点の出品がありました。銘柄を伏せて鑑定する厳正な審査(ブラインドテイスティング)で、最高金賞17点をはじめ、金賞85点、銀賞183点、銅賞91点を決定しております。
⇒詳細はこちら
https://tokyowhiskyspiritscompetition.jp/winnersresult/

●「殿堂入り」の要件
3年連続で『最高金賞』または『金賞』を受賞すること。

今回殿堂入りをした製品は下記のとおりです。
・山崎 12年(ウイスキー)
・山崎 18年(ウイスキー)
・響 21年(ウイスキー)
・イチローズモルト & グレーン ジャパニーズブレンデッド リミテッドエディション(ウイスキー)
・グレンフィディック 21年(ウイスキー)
・ロッホローモンド 12年(ウイスキー)
・カバラン ソリスト フィノシェリー(ウイスキー)
・カバラン ソリスト ヴィーニョバリック(ウイスキー)
・油津吟 YUZUGIN(ジン)
・アプルトン エステート 21年(ラム)

過去3回のエントリーのうち、金賞以上を受賞したボトルは
TWSC2019:43本/527本
TWSC2020:91本/427本
TWSC2021:102本/444本
となっており、3年連続で金賞以上を受賞したボトルは10本のみです。

<実行委員長・土屋守コメント>(TWSC2021洋酒部門ガイドブックより抜粋)
殿堂入りの3年という条件が、今回のTWSC2021で初めてクリアとなった。全444アイテムの中、今回初めてその条件を満たし、殿堂入りを果たしたのは上記の10アイテム。ジャパニーズからは山崎12年、同18年、響21年、イチローズのモルト&グレーン・ジャパニーズブレンデッドの4本。イチローズだけは毎年のリミテッドで、年号表記が入り、味も毎回微妙に異なる。スコッチはグレンフィディック21年とロッホローモンド12年の2本。後者は今回「ベスト・コストパフォーマンス賞」にも輝いている。
カバランはソリストのフィノと、同ヴィーニョバリック。ジンは宮崎産の油津吟が、3年連続の金賞だった。ラムはアプルトンエステートの21年が、ウイスキー、ジン以外では唯一の殿堂入りを果たす結果となっている。
<東京ウイスキー&スピリッツコンペティションとは>
「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」は、日本人の繊細な味覚をもって、世界のウイスキーおよびスピリッツを審査する、日本で唯一の品評会です。
オフィシャルホームページ https://tokyowhiskyspiritscompetition.jp/

<当リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社ウイスキー文化研究所 TWSC事務局
TEL:03-6277-4103 FAX:03-3445-6229
E-mail:twsc@scotchclub.org
HP:https://tokyowhiskyspiritscompetition.jp/
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社ウイスキー文化研究所(カブシキカイシャウイスキーブンカケンキュウショ)
代表者
土屋 守(ツチヤ マモル)
所在地
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-23-6 長谷部第10ビル2F
TEL
03-6277-4103
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://scotchclub.org/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.