2021年08月02日 18:00

2021年8月造形師/デザイナーの「吉本大輝」作のマッコウクジラの玉骨標本をGCC-3Dで販売開始。光沢のある表面と、その中にリアルなクジラの骨格が透けて見えるが美しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ミマキエンジニアリンググループの株式会社グラフィッククリエーション(GCC、社長:中村紀和)は 8月2日、3Dプリンタ造形サービスの物販サイト「GCC-3D」で新たに造形師/デザイナーの「吉本大輝」作のマッコウクジラの玉骨標本を発売します。

■3Dプリンタならではの“欲しい”を立体に
3Dプリンタは、金型などを必要とせず、データを用意すれば、1個から立体物を作成可能。このため、これまでの大量生産品では商品化できなかった「極少量ニーズの立体物」をカタチできます。

受注してから生産するシステムなので、無駄な在庫を作らず、売れ残りの廃棄もありません。
このため、CO2削減や廃プラなどの削減につながり環境負荷の低減に貢献します。

■原型師/モデラー/デザイナー/講師【吉本 大輝】
京都造形芸大油画卒/油絵で培った描写力でリアルなスケールフィギュアを得意とする商業原型師。美少女からメカ、絵画の立体化まで幅広くこなす。大学在学時に「造形・デザイン事務所 吉本アートファクトリー」を設立。2018年からウルトラモデラーズメンバーとして東京、大阪での作品展覧会を開催。セミナー講師としてもイベント等で活動している。商業以外にも「葛飾北斎 八方睨み鳳凰図3D」(CGWORLD/2018 12月号に掲載)、「Dying_Bull」 などの作品がある。

■「マッコウクジラの玉骨標本」の商品概要は以下の通り
サイズ(長さ) 10cm
売値 ¥8,000(税込)
※送料別
※納期は 15営業日

■背景
従来、今回発売する「マッコウクジラの玉骨標本」のような造形物は、製造する際に金型を作成する必要があり、この金型が高価であるため、大量に製造でなければ1個が高額になってしまいます。
一方、3Dプリンタでの製造の場合、1個から生産ができ、比較的リーズナブルに立体物を制作できます。「GCC-3D」では、こんな造形物が欲しいを少量品のニーズから3Dプリンタで商品化を可能とします。

■今後の展開
「GCC-3D」では、コンテンツホルダーやクリエイターの「立体商品が欲しい」というニーズに3Dプリンタを使用しカタチにし商品化をいたします。
「GCC-3D」は今後、コンテンツをさらに追加し、グランドオープン後、1年間の売り上げは1,0000万円を目標としています。

【GCC-3D】サイトURL
https://gcc-3d.com
https://www.facebook.com/Gcc-3D-106238305076202
https://www.instagram.com/gcc3d/
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • visual1
  • visual2

会社概要

商号
株式会社グラフィッククリエーション(カブシキカイシャグラフィッククリエーション)
代表者
中村紀和(ナカムラ ノリカズ)
所在地
〒389-0514
長野県東御市加沢 1333-3 ㈱ミマキエンジニアリング内 D棟4階
TEL
0268-64-6500
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.graphic-creation.com/
IR情報
https://www.graphic-creation.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.