2021年09月10日 18:00

ジンコソーラーがヨーロッパ初の摩天楼のソーラー発電所の建設に支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月1日、ジンコソーラーはブルガリアEPCのリーダーのELLONと提携し、ヨーロッパ東南部国家であるブルガリアSofia Tech Parkに位置したSynergy Towerに150kWの高効率太陽光パネルを供給した。

Synergy Towerダイナミックな外観は緑の建築(又はグリーンビルディング、英green building)デザインの最新トレンドによって設計され、世界有名の環境配慮された優れた建築物を作るため先導的な取り組みを評価するグリーンビルディングの国際的な認証プログラム(環境性能評価認証システム)LEED証明書を取得し、ヨーロッパ初の摩天楼屋上式モデルプロジェクトとなった。ジンコソーラー太陽光パネルの供給は、この超高層ビルの電力の自家発自家消費の実現に役立ち、周りに環境に太陽エネルギーの有効利用をよく強調する。このプロジェクトは今までのヨーロッパ最高海抜の屋上設置型太陽光発電プロジェクトと言える。
脱炭素社会に向かう手段として太陽光発電が期待されている中、ジンンコソーラー高効率的なソーラパネルが、負荷優位性、最適化のシステム端のコストによって、Synergy Tower屋上式プロジェクトを支援し、プロジェクトの経済性・信頼性・安全性を保証し、リターンの安定した長期投資を行う。

-------------------------------------------------------------------------------

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2021年3月31日において、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が約22GW、太陽電池が11.5GW、太陽光発電モジュールが31GW となりました。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.