2021年09月17日 16:00

IoT市場におけるAI(人工知能)ーテクノロジー別(機械学習、自然言語処理、画像処理、音声認識);コンポーネント別;エンドユーザー別-世界の需要分析および機会の見通し2030年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは調査レポート「IoT市場におけるAI:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 15日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3317

世界のIoT市場におけるAIは、(2022ー2030年)の予測期間中に約26%のCAGRで成長すると推定されています。市場の成長は、IoTデバイスから生成された大量のデータを処理する必要性の高まり、企業全体でのクラウドベースのサービスの採用の増加、および小売、製造、ヘルスケア、BFSIなどのさまざまな業界でAI対応のIoTデバイスのユーザーベースの拡大に起因する可能性があります。2021年の時点で、企業の90%以上がすでにクラウドサービスを使用しており、すべてのIT予算の約30%がクラウドコンピューティングに割り当てられています。
これらに伴い、世界中で中小企業の数が増加しているため、これらの企業の保守コストとダウンタイムを削減する必要性が高まっており、今後数年間で市場に豊富な成長機会を提供すると予測されています。さらに、産業用IoTの競争の激化により、AI対応のIoT製品に新たなイノベーションが生まれ、近い将来、市場の成長を促進すると予測されています。


調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/ai-in-iot-market/3317

市場におけるセグメンテーション洞察

IoT市場におけるAIは、テクノロジー別(機械学習、自然言語処理、画像処理、音声認識);コンポーネント別(プラットフォーム、ソフトウェア、およびサービス);エンドユーザー別(運輸、エネルギーおよび公益事業、BFSI、製造、ITおよび電気通信、小売、ヘルスケア、その他)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

IoT市場におけるAIはさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

北米の市場は、 革新的なテクノロジーの早期採用、さまざまなエンドユーザー業界でのクラウドの実装の拡大、および地域のAIおよびIoTテクノロジーを強化するための公共および民間セクターによる投資の増加を背景に予測期間中に最大のシェアを獲得すると推定されています。また、著名な市場プレーヤーの強力な存在は、今後数年間でこの地域の市場の主要な成長ドライバーになると予想されます。

さらに、アジア太平洋地域の市場は、インドや中国などの新興経済国におけるITおよび通信セクターの急成長、地域内の主要なAIおよびIoT企業の地理的プレゼンスの高まりにより、予測期間中に注目に値する成長を遂げると予測されています。2037年末までに、中国ではAIやその他の関連技術によって165 百万人以上の雇用が創出されると推定されています。その中で、約9,500万人の雇用がサービス部門で創出されます。

IoT市場におけるAIは地域に基づいてさらに区分されます。

● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場における業界理リーダー

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のIoT市場におけるAIへの投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。IoT市場におけるAIにおける業界のリーダーはGoogle LLC、IBM Corporation、SAP Group、Microsoft Corporation、General Electric Company、Autoplant Systems India Pvt. Ltd.、Amazon Web Services, Inc.、Hitachi, Ltd.、Oracle Corporation、Uptake Technologies Inc. などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3317

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/ai-in-iot-market/3317

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2021年10月27日 17:30
西ヨーロッパの術中神経モニタリング(IONM)筋電計(EMG)デバイス市場-デバイスタイプ別(資本設備、付属品);手順別;EMGタイプ別;エンドユーザー別-需要分析と機会の見通し2020-2029年
2021年10月27日 17:00
脳炎治療薬市場-医薬品クラス別(アシクロビル、ガンシクロビル、ホスカルネット、その他);流通チャネル別{オフラインおよびオンライン} -世界の需要分析と機会の見通し2030年
2021年10月27日 17:00
ヘパリン市場-製品別{未分画ヘパリン(UFH)、低分子量ヘパリン(LMWH)、および超低分子量ヘパリン(ULMWH)};投与経路別;およびアプリケーション別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年
2021年10月27日 17:00
体外炎症性腸疾患(IBD)診断市場ー製品別;疾患タイプ別;病期別;テストタイプ別;患者の人口統計別;エンドユーザー別;およびテスト方法別-グローバル需要分析と機会の見通し2019-2028年
2021年10月26日 18:00
運動失調治療市場-タイプ別(フリードライヒ運動失調症、運動失調症-毛細血管拡張性運動失調症、脊髄小脳失調症、周期性失調症など);診断別;および治療タイプ別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.