2021年09月21日 10:00

空間リンク「XPANDコード」がシリコンバレー発の大型テックイベントに登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XPAND株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役CXO 南木 徹)が開発・運営する空間リンク「XPANDコード」。QRコードのアドオン的に機能し、200m先からでもスマホで読み取れるリンクツールで、スポーツ・小規模店舗・公共分野等での活用が始まっています。
そのXPANDコードが、シリコンバレー発の大型テックイベント「TechCrunch Disrupt 2021」に出展します。


1.TechCrunch Disruptについて
TechCrunch(テッククランチ)は2005年にシリコンバレーでスタートした、テック系のニュースメディアです。
Disruptは、TechCrunchが主催するイベントで、スタートアップ企業の登竜門とされています。
本年はオンライン開催です。
当社は、JETROの公募に採択され「Japan Pavillion」の一員として出展します。

開催期間・場所:
2021年9月21日(火)~9月23日(木)オンライン(日程は米国太平洋時間)
https://techcrunch.com/events/tc-disrupt-2021/

当社ブース:
https://app.hopin.com/events/techcrunch-disrupt-2021/expo/598412

当社ピッチ:
23日 13:00(米国太平洋時間) / 24日 5:00(日本時間)


2.XPANDコード「ワールドツアー」について
2019年後半以降、日本政府・東京都・JETROなどの公募で相次ぎ選ばれ、「XPANDコード ワールドツアー」を敢行しています。
https://xpand.codes/ja/20200903-world-tour/


3.XPANDコードについて
公共交通サインの多言語化・個別最適化といった課題解決のために産まれ、スポーツへの活用も始まった空間用リンクが「XPANDコード」。
QRコードのアドオン的に機能し、QRの弱点である距離とデザイン性を補完することができるツールで、「第3のバーコード」(日刊工業新聞)として注目されています。
https://newswitch.jp/p/14289
https://bae.dentsutec.co.jp/articles/xpandcodes/

XPANDコードを無料で作成できるサイト「XPANDコードジェネレーター」も提供中。
https://xpand.codes/generator/

そして、XPANDコードリーダーは、アプリインストール不要で起動できるようになりました。
併せてぜひお試しください。
https://xpand.codes/reader/
※iOS 13以下の端末と、一部の旧型Android端末ではアプリインストールが必要です
(写真:UBOX)

【XPAND株式会社 概要】

社名:XPAND株式会社(エクスパンド)
本社所在地:東京都中央区銀座6-6-1 銀座凮月堂ビル5F
事業内容:空間リンク「XPANDコード」及び関連商品・サービスの開発・運営・販売
設立年月日:2017年9月19日
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
XPAND株式会社(エクスパンドカブシキガイシャ)
代表者
南木 徹(ナンモク トオル)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
TEL
03-6215-8400
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://xpand.codes/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.