2021年10月04日 10:30

『キマRoom!sign』と与信システム『Smart Rating』を提供する 株式会社IRISがデータ連携開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社セイルボート(本社:広島県広島市 東京本部:東京都新宿区、代表取締役:西野 量、以下「セイルボート」という。)と株式会社IRIS(本社:広島市西区楠木町、代表取締役:荒川 敏勝、以下「IRIS」という。)は、電子申込・電子契約システム『キマRoom!sign』とIRISの提供する入居審査を可視化するスコアリングシステム「Smart Rating」のAPIによるリアルタイム連携を2021年9月28日より開始いたしました。
■連携の背景
セイルボートが提供するオンライン入居申込・契約システム「キマRoom! Sign※」は、申込・契約に関わる周辺会社様である管理ソフト会社、家賃保証会社、少額短期保険会社、付帯各社様との連携を推進しております。相互にデータ連携を行うことで、申込・契約に関わる業務におけるペーパーレス化や業務効率の向上が可能となります。この度セイルボートとIRISは、不動産業界のDX化を浸透・加速させるためにシステム連携し協業いたします。

IRISは、全国の賃貸不動産管理会社および家賃保証会社に対して与信の可視化や業務効率化を実現するサービスを提供しており、与信審査システムの「Smart Rating」はオンライン入居申込サービスと連携を行なうことで、時代の流れとともに高まるコンプライアンスチェックの要望に対して、与信審査手続きに必要な入居申込情報をスムーズに受け取ることが可能になります。

(※)不動動産賃貸契約業務の負担を大幅に軽減する電子プラットフォームです。入居申込・重要事項説明・賃貸借契約の一連の不動産業務を電子的にワンストップでサービス提供(電子申込・電子契約)し、不動産会社の圧倒的な生産性向上を実現します。全国の大手管理仲介会社を中心に導入が進んでいます。
サービスサイト:https://intro.kimaroom.jp/sign/

■連携の概要
入居希望者のコンプライアンスチェックを行う際に、「キマRoom! Sign」に入力された顧客情報がAPIによって連携されることによるメリットは以下の通りです。
・FAXによる申込書の記入不備や不鮮明部分の確認作業の削減
・リアルタイム連携による、情報連携のスピード化

■キマRoom!Signの連携実績(APIによるリアルタイム連携のみ記載)
・管理ソフト会社 2社
・家賃保証会社 5社(連携開発中2社)
・少額短期保険会社 2社
・付帯会社 2社
・与信システム会社 1社
※詳細はお問い合わせください。

■会社概要
株式会社セイルボート https://www.sailboat.co.jp/
代表者: 代表取締役 西野 量
所在地: 広島本社 広島県広島市中区紙屋町2-1-22 広島興銀ビル9F
東京本部 東京都新宿区新宿5-16-15 新宿花園MJビル3F
設立: 2010年12月
事業内容: 不動産会社向けバーティカルSaaS「キマRoom!」シリーズの企画・運営
キマRoom!・キマRoom!B2B・キマRoom!CRM・キマRoom!Sign・キマRoom!Robo
不動産関連各社のシステムクライアントワーク(受託開発)

資本金: 140,375,000円

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社セイルボート クライアントサポート室 TEL: 03-5361-7261 E-mail:support@kimaroom.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社セイルボート(セイルボート)
代表者
西野 量(ニシノ リョウ)
所在地
〒730-0031
広島県広島市中区紙屋町2-1-22 広島興銀ビル
TEL
082-504-6311
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.sailboat.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.