2021年10月06日 09:30

日本の写真の最先端を走るフォトグラファーの作品をオールジャンルで紹介『プロカメラマンFILE 2022』刊行のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『プロカメラマンFILE 2022』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:プロカメラマンFILE 2022
刊行予定日:2021年10月初旬
編集・発行:カラーズ
定価:3,200円(本体2,909円+税10%)
ISBN:978-4-86246-511-5
サイズ:B5正寸
ページ数:200ページ
発売:株式会社ボーンデジタル
【書籍内容紹介】
本書「プロカメラマンFILE 2022」は、日本の写真の最先端を走るフォトグラファーの作品をオールジャンルで紹介するガイドブックです。

●創刊10年!

本書は2013年版の創刊以来、今回で10年目の刊行となります。
そこで今回、1つの区切りとして、米国生まれで日本在住のフォトグラファー、ブルース・オズボーンさんを監修者にお迎えいたしました。
これまでテレビ、広告、音楽、ネットムービーなど、広範囲な分野で活躍され、現在もライフワークである「親子」シリーズを撮り続けているブルースさんに、グローバルな視点で日本の現在の写真を見ていただきたい。
そんな思いでご参加いただきました。

2021年8月に東京オリンピックが開催されました。
勝敗に一喜一憂した熱い夏でしたが、スポーツにおける国際社会での現在の日本のポジション、パワーもよく分かりました。
では今の日本の写真の世界的ポジションはどうなんでしょう?
ドメスティックな評価だけではなく、より広い世界に向けて日本の写真を伝えていきたい。
微力ではありますが、そんな思いで本書の次の10年を作っていきたいと考えています。

●白い壁に写真を

例えば「無印良品は無印というブランドだ」とよく言われます。
どんなに着飾らないデザインを行っても、その成果物はなんらかの方向性、メッセージを持ってしまいます。
それでも柄のお皿と白いお皿では、白いお皿の方がニュートラルに近いでしょう。
本書のコンセプトを改めて言うと「オールジャンル&フラット」。これは実はノーコンセプトともいえるのかもしれません。

才気あふれる老若男女のプロ写真、それを収めるための器は、何も描かれていない真っ白なものにしたい。
本書のデザインは、主役の写真作品をきれいに置くための白い壁を意識しています。

・最先端の日本の写真集として
・フォトグラファーをお探しの企業の皆様のガイドブックとして
・学生などフォトグラファーを目指す方々の指標として

読者の皆様には、さまざまな視点や目的で本書をご活用いただければ幸いです。

書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/24154.html

Amazon URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/4862465110/


------
【本件に関するお問い合わせはこちら】
会社名:株式会社ボーンデジタル
http://www.borndigital.co.jp/
担当者:野村 享広
TEL : 03-5215-8664
FAX : 03-5215-8667
E-mail:yukihiro-n@borndigital.jp
------
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • 表紙

会社概要

商号
株式会社ボーンデジタル(カブシキガイシャボーンデジタル)
代表者
村上 徹(ムラカミ トオル)
所在地
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-5-5 Daiwa九段ビル
TEL
03-5215-8671
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.borndigital.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.