2021年10月18日 10:00

夜景評論家丸々もとおプロデュース。「祝福の光」をテーマにした、日本初・最新イルミネーショントンネルが登場!「小倉イルミネーション2021」が開幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都中央区/代表理事:丸々もとお)では、福岡県北九州市・小倉の冬の風物詩として定着している『小倉イルミネーション』のメイン演出「鴎外橋」光のトンネルをプロデュース。企業・ 団体・行政が協力して、小倉の夜を「希望の光」で照らし、「まち」を明るく彩ります。今年は、本市で開催される世界体操・新体操選手権の機運醸成・おもてなしのため例年より1か月ほど早い開催となりました。会期は10月1日~2022年1月10日。点灯時間は17時~22時。
鴎外橋・光のトンネル『KOKURA Celebrating Light』
『KOKURA Celebrating Light』とは『祝福の光』をテーマにした新しい光のトンネル演出です。
紫色のトンネルをベースに、多彩な色彩・形態表現が可能なLED電球を用いて、
光のトンネルとLEDビジョンが融合した『マルチハイブリッド型トンネル』です。
それぞれ月代わりテーマに合わせて演出を実施。10月の「世界体操・世界新体操」に始まり、
11月は「SDGs」、12月は「クリスマス」1月は「お正月」など、小倉市内のイベントや
市街地全体のお祝いムードを盛り上げるべく光のトンネルの演出内容が変化します。
「小倉イルミネーション2021」その他の見どころ
・小倉駅新幹線口エリアは世界体操・新体操選手権のPR として特別装飾を施し、
フォトスポットとして今年限定 のメモリアルリースを設置します。
・「竹あかり」などの市民団体の事業や、「謎解きイベント」 学生との協働事業による
スポットの設置により、「まち」の回遊性を高めることで、まちなか全体で楽しめる工夫。

まちなかのライトアップとの調和
まちなかのライトアップもコンセプトに合わせて調和を図り、統一感のある雰囲気を創出。
・小倉駅小倉城口のペデストリアンデッキ ・モノレール下の橋脚
・新幹線口前広場の2本の照明塔 ・新幹線口ペデストリアンデッキの柱

会期は10月1日~2022年1月10日。点灯時間は17時~22時。
【プロデューサープロフィール】
丸々もとお (MOTOO MARUMARU)
夜景評論家/イルミネーションプロデューサー
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事
1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。1992年『東京夜景』上梓。日本でも唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始める。「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などをベースに評論する等、夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。夜演出については世界でただひとりギネス世界記録を3つ((1)世界最大の光の地上絵、(2)世界最大の光の彫刻、(3)世界最大の水面プロジェクションマッピング)を同時取得している。夜景に関する著書は50冊以上。近作に、「亜細亜ノ夜景」(河出書房新社)、「日本夜景遺産 15周年記念版」(河出書房新社)、「日本のイルミネーションBest」(廣済堂)等がある。 神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、足利市、広島県、札幌市等で夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景観光士検定」総監修。日本初の工場夜景クルーズを手がけ「かながわ観光大賞」を受賞。イルミネーションのプロデュースには「ジオイルミネーション」(福井)、「TOKYO MEGA ILLUMINATION」(東京・大井競馬場)、「アパリゾート上越妙高イルミネーション」(新潟)、「門司港レトロ」(福岡)「小倉イルミネーション」(福岡)、「東京ドイツ村」(千葉)、「長崎グラバー園」(長崎)、「奧日光雪まつり」(栃木)、「ぐんまフラワーパーク(群馬)、「いくとぴあ食花イルミネーション」(新潟)等、年間数十カ所を手掛ける。ライトアップに「出島」「国宝・大浦天主堂」、中町教会、北九州アイアンツリー等多数。
※商標登録『夜景評論家』第4408194号
※照明コンサルタント(一般社団法人照明学会認定)
※ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使
丸々もとお公式HP http://www.superyakei.com/

【本記事に関するお問い合わせ】
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
〒104-0054 東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき4008
TEL:03-6204-0115 FAX:03-6204-0112
会社HP:http://yakei-cvb.or.jp
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(イッパンシャダンホウジンヤケイカンコウコンベンション・ビューロー)
代表者
丸々 もとお(マルマル モトオ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき4008
TEL
03-6204-0115
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.yakei-cvb.or.jp/

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローの最新プレスリリース

2021年11月24日 09:00
海外10カ国の観光リーダーが集結。長崎市で『世界夜景サミット in 長崎』開催!注目の「世界新三大夜景」が決定。「世界夜景遺産」の創設&「日本新三大夜景」中間ランキングも発表!
2021年11月15日 09:00
今夏の大好評を受け、11月13日より冬イベントが開幕。夜景評論家・丸々もとおプロデュース・若竹の杜 若山農場『Bamboo Winter Lights 2021~光が愛でる、美しき竹夜の世界』開催!
2021年11月11日 09:00
海外10カ国の観光リーダーが長崎市に集結!夜景観光の未来へ向けた“世界初”の国際会議~10年ぶりに「世界新三大夜景」が決定~ 『世界夜景サミット in 長崎』開催!
2021年11月08日 10:00
アフターコロナの復活を目指す『新時代イルミネーション』の幕開け!2021年注目のイルミネーションは!?全国6,100名の夜景観光士が選んだ! 『第九回イルミネーションアワード』結果発表!!
2021年11月02日 09:00
『新時代イルミネーション』の幕開け!2021年注目のイルミネーションは!?全国6,100名の夜景観光士が選んだ! 『第九回イルミネーションアワード』ランキング発表&授賞式を開催!

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.