2021年10月12日 11:00

グループ会社社員の農業を支援×地域活性化で人材確保も視野に 米のオリンピックで10年連続金賞受賞!木島平の“米”を福利厚生に 「お米の購入補助」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
業務用マッサージチェア「あんま王」シリーズをはじめとした健康機器の企画・開発を行う株式会社日本メディック(所在地:神奈川県藤沢市、代表取締役:城田 充晴)では、新たな福利厚生として米の購入補助制度を10月9日(金)よりスタートしました。
長野県木島平に本社・工場を置くグループ会社「相生電子」で勤務しながら家業の農業に携わる従業員より、当社が直接米を購入、希望する当社従業員に販売し、その費用の一部を当社が負担する仕組みです。米のオリンピックと言われる「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」において10年連続金賞を受賞するなど、米の優良産地として有名な木島平の特別栽培米を、一般的な市販の米よりも割安な価格で購入することができます。また、グループ会社で農業とのダブルワークを行う従業員の農業収益アップにもなるため、高齢化の進む木島平での経済の活性化や将来的な当地のグループ会社における地域人材の確保にも期待しています。
米の福利厚生によるグループ会社、木島平、当社のメリット


【導入背景】 高齢化の進む木島平の地域活性化の一助として、将来的な人材確保も視野に
当社の主力商品である業務用マッサージチェア「あんま王」シリーズの製造を手掛けるグループ会社「相生電子」が位置するのは、長野県の木島平。国内でも有数の米どころとしても有名な自然豊かな地域ですが、高齢化が進み、将来的にグループ会社の現地での人材採用も難航することが懸念されます。また、従業員の中には、家業として農業を営む社員も多数在籍しています。彼らは当社にとってグループ会社としてともに働く大事な仲間であるとともに、農業の人材育成・跡継ぎ不足といった問題にも直面する地域にとっても貴重な財産です。
今回スタートした福利厚生制度では、当社従業員が安く米を購入できる他、グループ会社従業員たちの農業収益アップは地域経済の活性化の一助ともなり、将来的に当地のグループ会社での人材確保にも繋がることを期待しています。今後は野菜などの他の農作物でも、同様の取り組みを検討しています。
●米の購入補助制度の仕組みとそれぞれのメリット
(1) 当社従業員 → 米の優良産地「木島平」の特別栽培米を、普段の出費の半額以下で購入
会社がグループ会社社員の農家から米を購入し、は購入費用の一部と送料を会社が負担した上で従業員に提供するため、精米したての木島平の米を、安価で購入することができます。初回販売では全社員が希望購入するほど、好評を得ています。「これまでスーパーで一般的な米を5キロ2000円~2500円ほどで購入してきたが、今回の制度で優良産地として有名と聞いていた木島平の米を5キロ1000円で購入することができた」「実家も米農家だが、長野の米ならぜひ我が家も購入したいと思った」といった声もあがりました。
グループ会社とはいえ、メールや電話でしかやりとりがなかったグループ会社社員について知るきっかけにもなりました。
(2) 農業に携わるグループ会社従業員 → 農業収益up
木島平のグループ会社では、勤務しながら家業の農業にも携わる社員が多数在籍しています。今回の制度により、当社が新たな直接販売先となることで収益増加につながりました。
(3) 木島平村 → 地域経済の活性化
過疎化や高齢化が進む木島平村では、地域経済の活性化のためにさまざまな取り組みがされています。農業の担い手・人材育成も課題の1つです。米の直接販売により農家が少しでも多くの収益を上げることで、地元経済の活性化への貢献や、若手人材の流出を食い止める一助になれればと思います。
(4) グループ会社(木島平) → 将来的な人材確保を狙う
創業より38年、地域の人材に支えられてきたグループ会社において、将来的な人材の確保も考えなければなりません。地域の若手人材流出防止の一助となることで、当地でのグループ会社の将来的な若手人材の獲得にも繋がることを期待しています。
(5) 当社 → 将来的な生産体制の維持に期待
これまでグループ会社とともにマッサージチェアを展開してきた当社にとって、グループ会社での人材確保は、長期的な事業継続に必要不可欠であると考えており、微力ながらグループ会社の地元基盤に貢献したいと考えています。

●木島平の地で38年、当社マッサージチェアの製造を担うグループ会社 「相生電子」
株式会社相生電子(所在地:長野県下高井郡木島平村、代表取締役:城田?裕之)は、1983年に木島平で創業しました。現在は、医療機器製造・販売、制御盤・制御監視関連ソフトウェアの設計開発等を行うとともに、2012年より当社とともに業務用マッサージチェア「あんま王」シリーズの開発・製造を行ってきました。2021年には開発・製造のスピードアップを目指すため、M&Aにより当社のグループ会社となりました。
●米のオリンピックで10年連続金賞受賞の米の優良産地「木島平」で生産される特別栽培米
木島平村は米のオリンピックと呼ばれる「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」にて10年連続金賞を受賞した実績を持つ米の優良産地です。
グループ会社会社に勤務しながら農業を営む芳川さん、丸山さんは、5年連続国際総合部門で金賞を受賞した産地・団体に贈られる「ゴールドプレミアムライスAAA(トリプルA)」(全国で4団体のみ)に認定された木島平米ブランド研究会に所属し、減農薬栽培(特別栽培米)に取り組んでます。
【企業概要】
マッサージチェアをはじめ、健康状態を推定する測定機器、などの健康器具の企画・開発を行っています。特に、業務用マッサージチェアとしては国内最大シェアを誇り、業務用に特化した機能を追求しています。超高齢化社会へと進む現代の日本において、安全で質の良い健康機器の企画、開発ならびにマッサージチェアの利用拡大を通して健康増進のサポートを目指します。


社名 株式会社日本メディック
代表 城田 充晴
所在地 神奈川県藤沢市下土棚468-1
ホームページ     http://www.nihon-medic.co.jp/
TEL     0466-45-3288
設立 1983年7月14日
資本金 1,000万円
事業内容  健康、運動、美容、生活環境機器などの卸・小売・レンタル
スーパー銭湯、健康ランド、スパ、リゾートホテル、企業・団体等での健康スペースの企画・運営
健康、運動、環境、美容等に関する製品、システム、情報の企画、開発、製作及びコンサルティング


プレスリリースに関する報道関係者お問い合わせ先
広報事務局 担当:川崎(090-2401-4914) 杉村(070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066   Fax:03-3401-7788  pr@netamoto.co.jp
  • 政治、経済、マネー

添付資料

会社概要

商号
株式会社日本メディック(ー)
代表者
城田 充晴(シロタ ミツハル)
所在地
〒252-0807
神奈川県藤沢市下土棚468-1 
TEL
0466-45-3288
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
会社HP
http://www.nihon-medic.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.