2021年10月13日 16:00

学生限定立体アートコンペティション「AAC2021」最終審査結果発表!最優秀賞は京都市立芸術大学大学院隗楠さんに決定、審査員は建築家青木淳、現代アートチーム目[mé]、ギャラリスト小山登美夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アーバネットコーポレーションは自社開発したマンションのエントランスホールに、
彫刻や絵画などの芸術作品を展示し、アートと日常生活の出会い、そしてアートと建築の出会いをプロデュースしてきました。そうした取り組みの一環として、2001年より若手アーティストの発掘・支援・育成を目的として、マンションのエントランスホールに常設展示する立体アート作品を学生限定で募集する「ART MEETS ARCHITECTURE COMPETITION」(AAC)を開催しており、今年で第21回目を迎えました。

2021年10月12日(火)に最終審査が行われ、最優秀賞及び優秀賞が次のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。


【最優秀賞】
「power of flower」隗 楠 (うぇい なん)
京都市立芸術大学大学院 美術研究科 漆工専攻
【優秀賞】
「さんすいの間(はざま)」 袁 方洲(えん ほうしゅう)
東京藝術大学大学院 美術研究科 工芸専攻
【優秀賞】
「蜃気回層(しんきかいそう)」山口 聡士(やまぐち さとし)
東京工業大学大学院 環境・社会理工学院
建築学系建築学コース
同日に表彰式が行われ、最優秀賞受賞者1名には
表彰盾及び賞金100万円の目録が授与され、優秀賞受賞者2名には表彰盾と賞金20万円の目録が授与されました。
最優秀賞の作品は、実際に当社施工の新築マンションのエントランスホールに常設展示されます。

当社グループでは、今後もこのコンペを継続することによって、勉学に励む若手芸術家の発掘・支援・育成に努め、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

※作品の詳細、入賞者・審査員のコメント等は、11月上旬にAACのホームページ上に掲載予定です。

 AACホームページ:https://aac.urbanet.jp/



【募集内容】
マンションの共用空間に展示するための立体アート作品

【審査員】
青木 淳(建築家、京都市美術館館長)
荒神 明香(現代アートチーム 目[mé] )
南川 憲二(現代アートチーム 目[mé] )
小山 登美夫(小山登美夫ギャラリー株式会社代表取締役社長、日本現代美術商協会(CADAN) 代表理事)
服部 信治 (主催会社 代表取締役社長)

【応募状況】
応募総数…107作品
応募者数…97名(組)

【スケジュール】
募集期間:2021年4月23日~6月28日
一次審査:2021年7月6日
最終審査・表彰式:2021年10月12日


<お問い合わせ先>
株式会社アーバネットコーポレーション
AAC事務局
E-MAIL:aac.compe@urbanet.co.jp
TEL:03-6630-3051 / FAX:03-6630-3045
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社アーバネットコーポレーション(アーバネットコーポレーション)
代表者
服部 信治(ハットリ シンジ)
所在地
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジ御茶ノ水13F
TEL
03-6630-3050
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
JASDAQ
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.urbanet.jp/
IR情報
https://www.urbanet.jp/ir/tabid/416/Default.aspx

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.