2021年10月19日 13:00

【ams OSRAMプレスリリース】ユーザーと拡張現実(AR)/仮想現実(VR)グラス間の相互作用を新たなレベルへ - ams OSRAM、3Dジェスチャー認識用VCSELポートフォリオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・Bidos P2433 Q投光イルミネータファミリーは、業界をリードする小型パッケージと高効率・高性能の両立を実現
・新製品は、VCSELエミッタとフォトダイオードを1つのパッケージにしており、システムサプライヤーによる集積化を簡素化
・Bidos P2433 Qは4つの異なるバージョンで提供され、拡張現実および仮想現実グラスによるジェスチャー認識など、最先端の3Dタイム・オブ・フライト(ToF: Time-of Flight)システムを実現

※本プレスリリースは、2021年10月14日にオーストリア・プレムシュテッテンで発表したプレスリリースの抄訳版です。

光学ソリューションのグローバルリーダーであるams OSRAM(SIX:AMS)の日本法人(現法人名:オスラム オプトセミコンダクターズ ジャパン株式会社、本社:東京都港区、地域統括バイスプレジデント:神永眞杉 *1)は、4つの新しいVCSELモジュールを発表し3Dセンシングのポートフォリオを拡充します。3Dセンシング技術を利用した応用分野は、ロボットが衝突を回避するための周囲の環境検知から、顔認識によるスマートフォンのロック解除まで増え続けていますが、3Dセンシング技術は拡張現実(AR)/仮想現実(VR)グラスにおいても重要な役割を果たしています。ams OSRAMのBidos P2433 Qをはじめとするコンポーネントを使用することで、さまざまなジェスチャーを確実にキャプチャし、ユーザーとAR/VRグラス間の相互作用を新たなレベルに引き上げることが可能になります。また、小型パッケージがお客様の設計自由度を高めます。

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、その他3D対応のアプリケーションでは、最高のユーザーエクスペリエンスと小型・軽量化の両立が求められています。3Dセンシング市場*2)において、垂直共振器面発光レーザ*3)(VCSEL)は、その優れたビーム品質、コスト効率、シンプルな設計により、大きな影響力があります。

ams OSRAMのプロダクトマネージャーであるSimon Gubserは次のように述べています。「Bidosファミリーの拡充により、所定の出力レベルと照射領域において、3Dアプリケーション向けの市場で最小のVCSELパッケージの1つを提供します。また、適したエミッタとフォトダイオードを1つのコンパクトなモジュールに集積化することで、お客様の設計に伴う労力を大幅に軽減しています」

Bidos P2433 Qは、2つの異なる照射領域と2つの出力レベルを含む4つの異なるバージョンで提供されます。VCSELをベースとしたモジュールのサイズは3.3mm x 2.4mmで、シーンを均一に照明する必要があるタイム・オブ・フライト(ToF)計測を用いた3Dセンシングアプリケーションに適しています。940nmの波長により、すべてのモジュールは人間の目にフリッカ(ちらつき)として認識される赤色光の影響を受けずにすみます。

6.5Wの高出力モジュール2つは、デュアルジャンクションVCSELを採用しており、最大45%の高効率を実現します。さらに、目の安全のための特別な保護機構として、フォトダイオードモニタリングシステムがモジュールに組み込まれています。光学系の損傷などにより、光の入射状態の変化をフォトダイオードが検知すると、VCSELへの電流供給を遮断可能です。

4つの新モジュールは、3Dジェスチャー認識以外にも、産業用ロボットの障害物回避やバーチャルフェンス、さらにはスマートドアロックやPOS端末の3D顔認証システムなどへの応用が可能です。

Bidosファミリーについての詳細情報*4)は、当社ウェブサイトをご覧ください。


*1)ams とOSRAMの合併により、amsの日本法人名は2021年10月1日付で、ams Japan 株式会社から、オスラム オプトセミコンダクターズ ジャパン株式会社に変更されました。オスラム オプトセミコンダクターズ ジャパン株式会社は、ams OSRAM グループの企業です。
*2)https://ams.com/ja/3d-sensing
*3)https://ams.com/ja/vcsel
*4)https://www.osram.com/os/products/product-promotions/vcsel/bidos-family.jsp


その他テクニカルデータ - Bidos P2433 Q:
画像(1):
新しいBidos P2433 Qファミリーは、ams OSRAMが提供する3Dセンシングの包括的なポートフォリオを拡充します。
画像(2):
業界をリードする小型パッケージを採用したBidos P2433 Qは、AR(拡張現実)グラスやVR(仮想現実)グラスなど、スペースが限られた製品への実装に最適です。
ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Groupは、親会社であるams AG(SIX: AMS)とともに、光学ソリューションのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。これが我々の言う「Sensing is Life」を意味します。

合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサーと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、コンシューマー、自動車、ヘルスケア、インダストリーの各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。

全世界の約2万7,000人の従業員が、移動をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションの瞬間をより豊かな体験にするために、センシング、イルミネーション、およびビジュアライゼーションの分野でイノベーションに取り組んでいます。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。また、オーストリアのプレムシュテッテン/グラーツに本社を置き、ドイツ・ミュンヘンに共同の本社を設置しています。そしてグループは2020年に合計で50億米ドルを大きく超える収益(試算)を達成しており、ams AG としてスイス証券取引所に上場しています(ISIN:AT0000A18XM4)。

詳細情報はこちらをご覧ください:https://ams-osram.com/

amsはams AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams OSRAM Groupの登録商標または出願中の商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。本プレスリリースで提供される情報は公開時点にて正確であることが確認されており、予告なく変更される場合があります。

ams OSRAMのソーシャルメディア・チャンネルはこちら:
Twitter:https://twitter.com/amsOSRAM
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/ams-osram/
Facebook:https://www.facebook.com/amsOSRAM
YouTube:https://www.youtube.com/c/amsOSRAMofficial

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ams OSRAM Group
商号
ams OSRAM Group(エーエムエスオスラムグループ)
代表者
神永 眞杉(カミナガ マスギ)
所在地
〒108-0075
東京都港区港南二丁目12番32号 SOUTH PORT品川4階
TEL
03-5781-0881
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
会社HP
https://ams.com/ja/ams-start

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.