2021年11月15日 14:00

将軍殺害の真相と末期室町幕府の実態に迫る!『足利義輝と三好一族』(著者:木下昌規)11月17日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戎光祥出版株式会社(東京都千代田区/代表取締役:伊藤光祥)は、『足利義輝と三好一族―崩壊間際の室町幕府』(著者:木下昌規)を2021年11月17日に発売いたします。
室町幕府第13代将軍・足利義輝は、対立する三好義継・三好三人衆らに御所を囲まれ殺害されるという、センセーショナルな最期を遂げた将軍として知られています。本書では義輝の生涯を追いかけながら、戦国時代の室町幕府の実態を論じるとともに、協調・対立を繰り返し、義輝とは切っても切れない関係にあった三好長慶をはじめとする三好一族との関係に踏み込んで解説しています。
副題に「崩壊間際の室町幕府」とあるように、義輝の時代にはそれまで在京して義輝を支えていた大名たちが軒並み自らの領国に戻ってしまい、幕府を構成する基盤が極端に弱体化してしまっていました。その中で、義輝は新たに台頭してきた勢力と関係を築こうとします。これは室町幕府の新しいかたちを模索していたと考えられます。しかしその結果、従来の秩序を自ら壊すことにもつながり、新たな軋轢も生まれていきます。そのような状況の中、はたして義輝は何を想い、どのように室町幕府を守ろうと動いたのか?このあたりのお話が本書の核になっています。
また、大河ドラマ「麒麟がくる」にも登場した三淵藤英・細川藤孝や、伊勢貞孝・上野信孝・一色藤長ら義輝を支えた幕臣たちの動向も詳しく解説しており、時に義輝と対立しながら幕府の屋台骨を支えた官僚たちの活躍・悲哀も読みどころの一つとなっています。
戦国時代の足利将軍・室町幕府の実像を知る上で、必携の1冊です。

【目次】
第I部 足利義輝の誕生と畿内の動乱
第一章 義輝の生まれた時代
第二章 新将軍義藤と父義晴の死
第三章 朽木への移座と帰洛
第四章 三好長慶との対立
第五章 義輝の離京と三好長慶の京都支配

第II部 義輝の帰洛と永禄の変
第一章 三好方との和睦、念願の帰洛
第二章 帰洛後の幕府の様相
第三章 義輝と大名との秩序関係
第四章 朝廷・公家衆との関係
第五章 三好氏と伊勢貞孝
第六章 永禄の変での死は偶然か必然か

【商品情報】
書名:『足利義輝と三好一族―崩壊間際の室町幕府』
著者:木下昌規
定価:2,800円+税
ISBN:978-4-86403-403-6
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/612/

【著者紹介】
木下昌規(きのした・まさき)
1978年生まれ。大正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。
博士(文学)。専門は日本中世史(室町・戦国期)。
大正大学非常勤講師を経て、現在、大正大学文学部准教授。
主な研究として、戦国期における室町幕府・将軍家の関連論文のほか、『戦国期足利将軍家の権力構造』(岩田書院、2014年)、『足利義晴と畿内動乱』(戎光祥出版、2020年)、『足利義晴』(編著、シリーズ・室町幕府の研究3、戎光祥出版、2017年)、『足利義輝』(編著、シリーズ・室町幕府の研究4、戎光祥出版、2018年)がある。

【会社概要】
社名:戎光祥出版株式会社
代表:代表取締役 伊藤光祥
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル8F
ホームページ:https://www.ebisukosyo.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/ebisukosyo
Facebook:https://www.facebook.com/774833955871080/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
戎光祥出版株式会社(エビスコウショウシュッパンカブシキガイシャ)
代表者
伊藤 俊幸(イトウ トシユキ)
所在地
〒102-0083
東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル8F
TEL
03-5275-3361
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.ebisukosyo.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.