2021年11月22日 11:30

機械式駐車設備 特許総合力トップ3は新明和工業、三菱重工機械システム、IHI運搬機械

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは11月22日、日本の特許庁が1993年1月から2021年10月28日までに公開した「機械式駐車設備 関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

パレットや昇降機などを備えた機械式駐車設備は乗り物を立体的に収容し、限られた広さの土地においても最大限に駐車スペースを確保することができます。今調査では日本の特許庁で公開されている「機械式駐車設備 関連技術」全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

集計を行った結果、「総合力ランキング」は、1位 新明和工業、2位 三菱重工機械システム、3位 IHI運搬機械となりました。

1位 新明和工業の注目度の高い特許には「認証装置の照合により、入出庫部の安全確認や扉の閉鎖操作を利用者が適切に行うことができる機械式駐車設備」や「操作前に立体駐車設備内が無人であることを確認するシステム」などが挙げられます。

2位 三菱重工機械システムの注目度の高い特許には「車庫装置内に人が取り残された状態で入出庫扉が閉じられてしまうことを防止する機械式立体駐車場」や「機械式駐車装置の運転状態を利用者が容易に把握できる画像表示方法」などが挙げられます。

3位 IHI運搬機械は「駐車装置における作動状態の監視や機器の管理を遠隔で行うことができる遠隔保守システム」や「簡易な構成で車両の給電に適した駐車装置」などが注目度の高い特許として挙げられます。

4位 住友重機械工業は「電気自動車の充電に対応し、ガソリン車等一般車両の入出庫に対して支障を生じさせない機械式駐車装置」など、5位 日精は「効率的な循環により、短時間での車両移動や消費電力の低減に寄与する多層箱形循環式駐車装置」などがそれぞれ注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下には、JFEエンジニアリング日本発条富士変速機本田技研工業などがランクインしています。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「機械式駐車設備関連技術 特許総合力ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2021/11/mechanicalparking.html

■特許・技術調査レポートについて
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

■特許分析セミナー情報
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

添付資料

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.