2021年11月19日 13:00

車両用外部照明技術 特許総合力トップ3は小糸製作所、三菱電機、スタンレー電気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは11月19日、日本の特許庁が1993年1月から2021年11月5日までに公開した「車両用外部照明関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

近年、自動車には、走行状況や天候に合わせライトを自動制御するヘッドライトや、多様な形態のビームパターンを実現させる自動車用ランプなど、さまざまな照明技術が搭載されています。今回の調査では日本の特許庁で公開されているこれら「車両用外部照明関連技術」全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

集計の結果、「総合力ランキング」では、1位 小糸製作所、2位 三菱電機、3位 スタンレー電気となりました。
1位 小糸製作所の注目度の高い特許には、「車両の傾斜角度に応じて照射方向を変化させる車両用前照灯」や「半導体レーザーと蛍光体を組み合わせて白色光を発生させるための車両用灯具」などが挙げられます。

2位 三菱電機の注目度の高い特許には、「装置の大型化を抑えた簡易な構成で、照射方向を変更できる前照灯装置」や「配光ムラを抑えた前照灯モジュール又は前照灯装置」などが挙げられます。

3位 スタンレー電気の注目度の高い特許には、「LEDランプを光源とする車両用灯具」や「軽量かつ新規外観をもつ照明灯具」などが挙げられます。

4位 LUMILEDS HOLDING(オランダ)は「寿命を向上させた自動車ヘッドライト」などが、5位 ZKW GROUP(オーストリア)は「自動車照明システムが正常に作動していない場合に、レーザービームによって人間に危険が及ぶことを回避するヘッドランプ用安全装置」などが注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下にはパナソニックトヨタ自動車大日本印刷などがランクインしています。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「車両用外部照明関連技術 特許総合力ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2021/11/vehiclelighting.html

■特許・技術調査レポートについて
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

■特許分析セミナー情報
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

添付資料

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.