2021年11月19日 16:00

PEmicro、NXP最新S32K3自動車用MCUファミリの開発ツールサポート発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月19日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、米国P&Eマイクロ社日本総代理店)は、P&Eマイクロ社、NXPの最新S32K3自動車用MCUファミリの開発ツールサポート発表に伴い、追加で必要なCycloneやMULTILINKの販売サポートをいたします。

NXPゴールドパートナーであるP&Eマイクロ社は、次世代のボディ、ゾーン、ドメイン制御アプリケーション向けに、S32K3オートモーティブMCUファミリ向けの開発ツールサポートを発表しました。NXPの評価ボードとS32 Design Studio IDEと緊密に統合されたP&Eマイクロ社ツールは、製品サイクルの評価、開発、および生産プログラミング段階のための強力なプラットフォームを提供します。

S32K3マイクロコントローラは、優れたS32K1ファミリの性能とメモリの拡張性を拡張すると同時に、高度な安全性、セキュリティ、接続性の機能を追加します。シングル、デュアル、ロックステップ構成のArm Cortex-M7コアは、ECC対応フラッシュ/RAMメモリと複数のオンチップ障害モニタを組み合わせてASIL B/D安全アプリケーションをサポートします。強力なタイマーとADCは高度なモータ制御技術を可能にし、ファームウェアの無線(FOTA)機能はリモートECUアップデートを容易にします。

ハードウェア機能を補完する NXP の生産グレードのソフトウェアと AUTOSARTM用リアルタイム ドライバー (RTD) と非 AUTOSAR、標準セキュリティ ファームウェア、および S32 安全ソフトウェア フレームワーク (SAF) を含むツールの範囲です。

「NXP担当のP&Eマイクロ社のエンジニアとの初期のコラボレーションは、S32K3ファミリーの能力に合わせた包括的な開発ツールスイートの作成を推進しました。お客様は、これらのツールを活用して設計フェーズを短縮し、生産プログラミング手順を安全かつコスト効率よく自動化できます。」と、NXPセミコンダクターズ社自動車加工事業ライン・グローバルパートナープログラムディレクター、カルロス・プラダ氏は述べています。

P&Eマイクロ社 のデバッグ インターフェイスは、外部デバッグ プローブの必要性を除去する新しい S32K3X4EVB Q257 および S32K3X4EVB Q172 評価ボードに含まれています。製品開発フェーズでは、PEmicroのMULTILINKデバッグプローブにより、迅速かつコスト効率の高いプロトタイピングが可能になります。S32K3 MCU の強力な機能は、お客様が HSE セキュリティ ファームウェアを使用して MCU をプロビジョニングし、MULTILINKデバッグ プローブを使用して S32 Design Studio IDE で安全な認証とデバッグを実行できることです。PEmicro ツールは、複数の S32K3 MCU コアの並列デバッグもサポートします。

開発が完了すると、PEmicroの高度なプロダクションプログラマーのCycloneラインは、S32K3のお客様が使いやすさ、パフォーマンス、セキュリティを考慮して生産プログラミング手順を自動化できるように設計されています。PC 制御とスタンドアロン機能を備えた Cyclone ツールは、小規模なバッチ プログラミングから複数のプログラミング ラインを含む大規模な工場環境まで、生産プログラミングの使用事例をサポートできます。高度なサイクロン機能には、ProCryptionセキュリティ(RSA / AES暗号化、プログラミング数と日付制限)、シリアル化と動的データプログラミング、電源管理、ネットワーク上にリモートで分散された複数のサイクロンユニットの高度な自動化制御が含まれます。

◆製 品
・ Cyclone Universal FX(U-CYCLONE-FX)
https://www.positive-one.com/products/embedded-tool/CYCLONE_FX.html

・ Cyclone Unversial(U-CYCLONE)
https://www.positive-one.com/products/embedded-tool/CYCLONE.html

・ MULTILINK Unversial(U-MULTILINK)
https://www.positive-one.com/products/embedded-tool/USB_MULTILINK.html

・ MULTILINK Universal FX(U-MULTILINK-FX)
https://www.positive-one.com/en/products/embedded-tool/USB_MULTILINK_FX.html

【P&Eマイコンシステムズ社について】
P&Eマイコンシステムズ社は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本社を構える老舗の開発ツールベンダーです。1981年に世界初の汎用EPROMプログラマを開発し、それ以来業界のトレンドセッターとなっています。プロダクションプログラマ用Cycloneは、高性能で、設定が容易で、多彩な制御と自動化のオプションを備えたスタンドアロンのインサーキットプログラマです。MULTILINKデバッグプローブは、幅広い性能レベルを提供し、優れた価値を示し、Microchip社、Cypress社、 Infineon、Silergy、Nordic、NXP、Silicon Labs、 STMicroelectronics、Texas Instruments 、東芝、ルネサスなど、幅広くサポートされています。ポジティブワンは、15年以上、日本総代理店として、販売およびサポートを行っております。ポジティブワンから購入していただいたお客様には、技術サポート、パラメータシート(該非判定)の対応を積極的に行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ポジティブワン株式会社(ポジティブワンカブシキカイシャ)
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.