2021年11月24日 15:00

「臭素の世界市場:2026年に至る派生物別、用途別予測」市場調査レポート発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「臭素の世界市場:2026年に至る派生物別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
臭素の世界市場規模は2021年段階で33億ドルと推計されます。同市場規模はこの先2026年には41億ドルへと拡大する見込みです。レポートは臭素の世界市場について2026年までの市場予測データ(金額US$、量ベースKiloton)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分は、派生物別市場、用途別市場、および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(11社)、ファイブフォース分析、バリューチェーン分析などの分析情報も加味し、臭素市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
臭素の世界市場:2026年に至る派生物別、用途別予測
Bromine Market by Derivative (Organobromine, Clear Brine Fluids, Hydrogen Bromide), Application (Flame Retardants, Oil & Gas Drilling, PTA Synthesis, Water Treatment& Biocides, HBR Flow Batteries) & Region - Global Forecast to 2026
https://researchstation.jp/report/MAM/26/Bromine_2026_MAM2654.html

【レポート構成概要】

◆臭素の世界市場予測2016-2026年
・市場規模(US$)
・量ベース(Kiloton)

◆派生物別、市場-2026年
・有機臭素
・クリアブライン液
・臭化水素(HBr)
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆用途別、市場-2026年
・難燃剤
・水処理/殺生物剤
・水銀放出制御
・石油ガス掘削
・HBrフロー電池
・PTA合成
・農薬
・プラズマエッチング
・医薬品
・ブチルゴム
・その他
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆主要国地域別市場-2026年
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国、台湾
・その他アジア太平洋
北米
・米国、カナダ、メキシコ
西欧
・ドイツ、フランス、英国
・その他西欧
中東欧
・ロシア、トルコ
・その他中東欧
中東アフリカ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米
※国地域別に全セグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析
・バリューチェーン分析
・特許分析
・平均価格動向
・COVID-19による臭素市場への影響
・市場シェア分析-2020年
・競合状況

◆臭素の主要企業プロフィール動向
・ICL GROUP LIMITED
・ALBEMARLE CORPORATION
・LANXESS AG
・東ソー株式会社
・GULF RESOURCES INC.
・TETRA TECHNOLOGIES, INC.
・TATA CHEMICALS LIMITED
・HINDUSTAN SALTS LIMITED
・HONEYWELL INTERNATIONAL INC. ?
・PEREKOP BROMINE
・SATYESH BRINECHEM PVT. LTD.

(その他企業)
・SOLARIS CHEMTECH INDUSTRIES LTD.
・AQUACHINA CHEMICAL (WUHAN) CO., LTD.
・MORRE-TEC INDUSTRIES INC.
・SHANDONG YUYUAN GROUP CO., LTD.
・SHANDONG HAIWANG CHEMICAL CO., LTD.
・SHANDONG HAIHUA GROUP CO., LTD.
・SHANDONG OCEAN CHEMICAL CO., LTD.
・SHANDONG WEIFANG LONGWEI INDUSTRIAL CO., LTD.
・SHANDONG RUNKE CHEMICAL ENGINEERING CO., LTD.
・DHRUV CHEM INDUSTRIES
・SHANDONG LUBEI CHEMICAL CO., LTD.
・SHANDONG DADI SALT CHEMICAL GROUP CO., LTD.
・SHANDONG HAOYUAN GROUP
・CHEMCON SPECIALITY CHEMICALS LTD.
・SANGFROID CHEMICALS PVT. LTD.

(全306頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/26/Bromine_2026_MAM2654.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年11月5日

★関連レポート
「クロール・アルカリの世界市場:2026年に至るタイプ・用途別、主要国地域別予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/26/Chlor_Alkali_Market_2026_MAM2650.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:https://researchstation.jp/index.html

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.