2021年11月29日 10:00

ジャムハウス、小学生のためのコンピューター入門書『絵でわかるコンピューターとプログラムのしくみ』を12月3日に発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ITと教育の出版社、株式会社ジャムハウス(本社:東京都豊島区、代表取締役:池田利夫)は、アナログプログラミングも体験できる『絵でわかるコンピューターとプログラムのしくみ』を2021年12月3日(金)に発売します。
自然科学、テクノロジー、コンピューターサイエンスなど、さまざまな科学のテーマを取り扱う入門書「ときめき×サイエンス」シリーズの第7弾です。
本書は、豊富なイラストで「コンピューター」と「プログラム」のしくみをわかりやすく解説した、小学生に向けたITスキルを養う入門書です。解説文は、基本的に小学校3年以下で習う漢字を使っており、漢字・アルファベットにはすべてふりがなをふっていますので、子ども一人でも読み進められます。

コンピューターのしくみの章では、「CPUは部屋にいるあなた」「メモリーは学習づくえの広さ」のように、パソコンを自分の部屋にたとえて説明。身近なものにたとえることでイメージをしやすく、子どもの理解を促します。
プログラムのしくみの章は、ゲームのようにキャラクターのコマをゴールに進めることで、楽しみながらプログラミングの考え方を学べます。

巻末には、切り取って使える「プログラムカード」付き。パソコンやタブレットなどの端末を使わない、アナログプログラミングを体験できます。なお巻末カードは、無料でダウンロードできるPDF形式のデータも提供しており、書籍を切り取りたくない方にも対応しています。

小学校でプログラミング教育が必修化され、ITスキルがますます求められています。しかし、子どもたちが学ぶプログラミングは、高度な知識を必要とするような難しいものではありません。まずはコンピューターやプログラミングがどのようなものかを知り、親しむことが大切です。小学生が最初に出会うコンピューター、プログラミングの入門書として最適な一冊です。

【書籍概要】
■タイトル:絵でわかるコンピューターとプログラムのしくみ
■シリーズ:「ときめき×サイエンス」シリーズ(7)ジュニア
■著:いけだ としお
■絵:KAM(カム)
■発売元:株式会社ジャムハウス
■定価:1,760円(本体1,600円+税10%)
■体裁:A5変形判、オールカラー、92ページ+巻末カード4枚、総ルビ
■ISBN:978-4-906768-98-1

【目次】
1章 コンピューターってなんだろう?
2章 パソコンの中身ってどうなっているの?
   ~みんなの部屋にたとえてみよう~
3章 プログラム、ソフトウエアってどんなもの?
4章 アナログプログラミングをたいけんしよう
巻末付録:「プログラムカード」4枚付き

【書籍の紹介サイトとお求めはこちら】
●書籍サイト
https://jam-house-media.themedia.jp/posts/23029351
●Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4906768989/

【会社概要】
商 号: 株式会社ジャムハウス
代表者: 代表取締役 池田利夫
所在地: 〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-3-12-302
URL : https://www.jam-house.co.jp/
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社ジャムハウス(カブシキガイシャジャムハウス)
代表者
池田 利夫(イケダ トシオ)
所在地
〒170-0004
東京都豊島区北大塚2-3-12 ライオンズマンション大塚角萬302号室
TEL
03-6277-0580
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.jam-house.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.