2021年11月29日 09:00

COP26会議に出席、ジンコソーラーはN型TOPCon技術にて技術探求を承諾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月9日、ジンコソーラーは唯一の太陽光発電会社の代表として、10月31日に始まった国連気候変動枠組条約第26回締約国会議 (COP26)に出席した。会議では、ジンコソーラーは率先して2030年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」をめざすことを表明した。二酸化炭素排出量を実質ゼロにするため、技術革新が大切なことである。

太陽光発電業界の多く長年想定していた技術変革は、今はP型ウエハからN型へ移行している。中国の大手モジュールメーカーのほとんどは、N型モジュールの初期量産を確立している。これは主に多様化された動きとして目立っている。ジンコソーラーはN型オプションとトンネル酸化膜パッシベーションコンタクト(TOPCon)技術を結合し、N型TOPCon太陽光発電モジュールをすすめる。それでは、P型モジュールと比較して下記の8つのメリットから、ジンコソーラーN型TOPConモジュールを探求する。

1、高出力:モジュールの出力が600W以上

2、高効率:量産効率22.3%で、PERCの変換効率より1%以上高い。効率は1%アップするごとに、モジュールの発電量は約5%アップする。

3、低電流:ジンコソーラー最新製品の出力620 W N型TOPConモジュールを例として、最大短絡電流は約14 Aである。

4、両面係数:N型TOP Conモジュールは、高効率の以外に、両面率も高いである。一方、ジンコソーラーN型TOP Conモジュールの両面係数はは85%に達し、PERC両面技術の70%両面率より高く、システム端ではPERC両面裏面より21%以上の発電増益を実現できる。

5、低い温度係数:ジンコソーラーはN型TOPConモジュールの温度係数が-0.30%以内と承諾する。

6、耐候性とアンチエイジング:砂漠、ゴビ、丘陵などの極端環境において、N型TOPConモジュールの初年度劣化であろうと、リニア出力劣化であろうと、P型モジュールより遥かに低い。N型TOPConモジュールの初年度劣化はP型より半分である。N型TOPConモジュールは片面タイプと両面タイプが、30年間品質保証を提供する。

7、優れた互換性と友好性。両面モジュールの選びは取り付けの高さ、緯度、モジュールサイズ、架台、インバータと強い相関があ流。ジンコソーラーN型TOPConモジュールは、技術、高効率、高両面係数、低い劣化率、低い温度係数にしても、PERC両面発電モジュールより平均的に約5-10%高い。またN型TOPConモジュールは優れた照度性能によって、発電増益の面ではP型モジュールと比べて差が大きい。

8、PERC技術はシリコンの品質、電池技術及びプロセス制御などを通じて、LIDとLETIDが最適化されて2%に抑えられていたが、N型と比べてはまだ差が大きい。

つまり、N型TOPConモジュールは量産が実現してシステム経済的要求を達成した。ジンコソーラーは引き続き品質を向上させ、LCOEを削減させ、プロジェクトを安全的に促進させ、収益率をより効果的に向上させる。

-------------------------------------------------------------------------------

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2021年6月30日において、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が約27GW、太陽電池が12GW、太陽光発電モジュールが31GW となりました。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.