2021年11月30日 09:00

激甚化する自然災害をAIで救い、災害状況を即時に可視化して予測する。AIベンチャーが描く未来の防災 『AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡』2021年12月1日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡』(村上 建治郎 著)を2021年12月1日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
2011年の東日本大震災から、早いもので10年が経過している。
災害大国である日本は、今も予報技術の開発や防災設備の建設に巨額の予算を投じているが、天災はそうした努力を易々と凌駕する規模で人間をいつも圧倒するのだ。
ハードの力で災害に対抗するには限界がある。ならば、情報の力でその脅威に対抗できないか。それが私の考え方である。
(「はじめに」より抜粋)

日本は元来、自然災害の多い国であるが、近年は気候変動の影響と思われる災害がこれまで以上に頻発するようになってきた。
また、それに備える防災という分野は、長らく土木や建設業が大部分を担ってきた。しかし、想定外の被害を減らすために今後より重要になってくるのは、リアルタイムに状況を見える化し予測することである。
そんな新しい防災のカタチをAIによって実現しようとしているのが、スタートアップ、スペクティだ。SNSの投稿などからAIが情報を精査・解析し、「予測する防災」を可能にしたサービスを提供している。それは現在、全国47都道府県の防災部門の8割で導入され、民間企業でも約500社が採用するまでにいたっている。
本書では、「防災」という珍しい領域で事業を成長させてきた企業の取り組みを描くとともに、「防災×AI」で何ができるのか、何をするべきなのか、その現状と未来の防災の可能性について展望する。

【書籍情報】
書 名:『AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡』
著 者:村上 建治郎(ムラカミ ケンジロウ)
発売日:2021年12月1日
定 価:1500円(税込価格1650円)
体 裁:四六判・並製/176ページ
ISBN :978-4-344- 93692-8

【目次】
第1章 2つの大震災から生まれた小さな魂――
    「防災で起業する!」
第2章 報道機関向けアプリケーションを開発するも資金繰りが限界に……
    破綻直前に「志」が運命を救う
第3章 小さな成功に惑わされず、起業時の目的に立ち返る
    新たなテクノロジーを活用して全国シェア獲得
第4章 「市場のサイズ」「起業の常識」より大事なもの
    「わが道」を選び続けることが事業成長につながる
第5章 防災は「未来」を見るステージへ
    AIの活用が次の成長を促進させる


【著者プロフィール】
村上建治郎(むらかみ・けんじろう)
株式会社Spectee 代表取締役 CEO
1974年 東京都出身。米ネバダ大学理学部物理学科卒、早稲田大学大学院商学研究科修了(MBA)。
エー・アイ・アイ株式会社(ソニー子会社)にて、オンライン・デジタルコンテンツの事業開発を担当。2005年 米Charles River Laboratoriesに入社し、日本企業向けマーケティングに従事、2007年 シスコシステムズに入社、パートナー営業などを経て、2011年東日本大震災の発生直後から災害ボランティアを続ける中で、被災地からの情報共有の脆弱性を実感したことをきっかけに、被災地の情報を正しく伝える情報解析サービスを目指してユークリッドラボ株式会社(現・株式会社Spectee)を創業。
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(ゲントウシャメディアコンサルティング)
代表者
久保田 貴幸(クボタ タカユキ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-6440
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gentosha-mc.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.