2021年12月06日 13:00

「Kairos3」、SFAの機能を拡充。外部メール情報の取り込みが可能に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、2021年12月6日(月)、「Kairos3」の一部機能の拡充を実施したことをお知らせいたします。
■背景
リモートワークの普及により、企業の営業活動には2つの変化がありました。

1つは、営業担当者同士や営業部門の管理者が、対面でお互いの状況確認が取れなくなったため、リモートワークでも情報共有するための手段が必要になったことです。情報共有の手段としてSFAを導入する企業が増えています。当社の営業支援システム「Kairos3 SFA」の利用企業は、2020年12月から2021年11月までの1年間で1.5倍に増加しています。

もう1つは、顧客とのコミュニケーション手段が、対面からオンライン会議システムやメールなどのオンライン中心に変わったことです。その上、営業担当者同士がお互いにどの顧客にどのようなコミュニケーションをとっているのかが、リモートワークのために確認できません。

これを受け、今回の機能拡充では「Kairos3 SFA」上に、顧客とのメールが蓄積される「外部メール連携」機能を追加しました。

■Kairos3 SFAについて
「Kairos3 SFA」はマーケティングオートメーション「Kairos3」のオプション機能です。マーケティングオートメーションとSFAが一体となっていることで、営業担当者はマーケティングオートメーションで取得した顧客のWeb行動履歴を活用できます。

今回、追加された外部メール連携の詳細は以下となります。
■外部メール連携
営業担当者の専用アドレスをメールの宛先に加えると、顧客ごとにメールが蓄積されます。一人の顧客に対し、複数の営業担当者がメールをしていた場合にも、SFA上で確認できます。

また、営業担当者は、蓄積されたメールから必要なものを選択するだけで、商談案件ごとに営業記録を登録できるようになります。
■「Kairos3」サービスサイト
https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation

■カイロスマーケティングについて
「マーケティングを、もっと身近に。」をミッションに掲げ、知識や経験に関わらずにマーケティング活動を実行できるマーケティングオートメーション「Kairos3」の開発・提供、マーケティング・営業の実行方法がわかるメディア「マケフリ」を運営しています。「ものづくり大国ニッポン」のさらなる発展を支援すべく、業界や従業員数に関わらずあらゆる企業・組織のみなさんがマーケティングを活用し、活躍できる社会を創造します。
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-13 南新宿星野ビル3F
代表者 :佐宗 大介
設立 :2012年9月
URL :https://www.kairosmarketing.net/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
カイロスマーケティング株式会社(カイロスマーケティングカブシキガイシャ)
代表者
佐宗 大介(サソウ ダイスケ)
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル 17F
TEL
03-5366-4712
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
https://corp.kairosmarketing.net/
公式ブログ
https://makefri.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.