2021年12月06日 18:00

AI IoT端末開発が可能なRockchip 3566(クアッドコア64ビット)AIコアボードの販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月6日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Rockchip 3566(クアッドコア64ビット)AIコアボードであるコンピュータ・オン・モジュールの販売を開始いたします。

◆RK3566クアッドコア64ビットAIコアボード

RK3566 クアッドコア 64 ビット プロセッサを搭載し、デュアルコア GPU と高効率 NPU と統合されたコア ボードは、PCIe2.1 および SATA3.0 インターフェイスをサポートしてハード ディスクの拡張を大きくサポートし、さまざまなオペレーティング システムをサポートします。バックプレーンリファレンスデザインやその他のオープンリソースが提供され、ユーザーはさらにカスタマイズできます。

RK3566 クアッドコア 64 ビット プロセッサ
RK3566 クアッドコア 64 ビット Cortex-A55 プロセッサは、最大 1.8 GHz の周波数を備えています。22nmリソグラフィプロセスにより、低消費電力と高性能を実現しています。

統合コプロセッサ
デュアルコア ARM G52 GPU、高性能 VPU、高効率 NPU と統合されています。GPU は、OpenGL ES3.2/2.0/1.1,Vulkan1.1 をサポートしています。VPUは、4K 60fps H.265/H.264/VP9ビデオデコードと1080P 100fps H.265 / H.264ビデオエンコーディングを実現することができます。0.8Topsのコンピューティングパワーを備えたNPUは、Caffe/TensorFlowのような主流のフレームワークのワンクリック切り替えをサポートしています。

8GBの大きなRAM、全データリンクECC
最大8GBのRAMをサポートし、全データリンクECCをサポートし、データの安全性と信頼性を高め、大容量メモリ製品の稼働要件を満たします。

PCle2.1 および SATA3.0 インターフェイス
PCIe2.1インターフェイスはNVMe SSDと接続することができ、SATA3.0インターフェイスはSSD / HDDで接続することができ、高速読み書きと大容量ストレージの優位性を所有しています。

さまざまなインターフェイス
コアボードには、UART、I2C、ADC、PWM、GPIO、PCIE2.1、SATA3.0、USB2.0、USB3.0、HDMI、EDP、MIPI CSI、MIPI DSI、I2S、SPEAK、HPOUTなどのインターフェイスがあります。

高性能メインボードを形成するには
SODIMM 260Pインターフェースを備えたコアボードはバックプレーンと組み合わせて、より強力な性能を実現する高性能な産業メインボードを形成することができ、製品開発プロセスを加速するためにさまざまなスマート製品に直接適用することができます。

バックプレーンリファレンス設計が提供されます。
バックプレーンリファレンス設計と完全な技術情報が提供されるため、ユーザーは効率的に二次開発を進めることができ、独立した制御可能な製品を迅速に作成できます。

さまざまなオペレーティング システムをサポート
Androidをサポートしています。Ubuntu ビルドルート + QT, OpenWRT, Debian

カスタマイズのための豊富なリソース
SDK、開発ドキュメント、例、技術文書、チュートリアル、その他のリソースが提供され、ユーザーがさらにカスタマイズできます。

◆仕様
Rockchip RK3566
クアッドコア64ビットコルテックス-A55、22nmリソグラフィプロセス、周波数は最大1.8GHz
ARM G52 2EE GPU;オープンGL ES 1.1/2.0/3.2 をサポートしています。オープンCL 2.0.1.1
組み込まれた高性能2D加速ハードウェア
NPU
統合された RKNN NPU AI アクセラレーター、0.8Tops@INT8
Caff/TensorFlow/TFLite/ONNX/PyTorch/Keras/DarkNetのワンクリック切り替えをサポート

VPU
44K 60fps H.265/H.264/VP9 ビデオデコード
1080P 100fps H.265/H.264 ビデオ エンコーディング

RAM
1GB/2GB/4GB/8GB LPDDR4

eMMC
8GB/16GB/32GB/64GB/128GB eMMC

通信
統合されたGMACイーサネットコントローラ、1000Mbpsイーサネット(RJ45)をサポート
SDIO インターフェイスを介して WiFi+Bluetooth コンボ モジュールに拡張:
-2.4GHz/5GHzデュアルバンドWiFi、802.11a / b / g /n/acプロトコルをサポート
-Bluetooth5.0をサポート
拡張 4G LTE/3G ワイヤレス ネットワークをサポート

ディスプレイ
1 × HDMI2.0, 最大4K@60fps出力をサポート
2 × MIPI DSI、シングル/デュアルチャネルモードをサポートし、最大2560*1440@60fps出力をサポート
1 × eDP1.3, 最大2560x1600@60fps出力をサポート

オーディオ
1 × I2S (8 チャネル入出力) 、2 x I2S (2 チャネル入出力) 、1 x I2S (HDMI)

カメラ
MIPI-CSI(4チャネル)は、2チャネル入力、内蔵8M ISPをサポート
一眼レフ8Mカメラ/デュアルレンズ2Mカメラをサポート

インターフェイス
USB2.0×5
USB3.0×1
PCIe 2.1
SATA3.0
UART×10、I2C×6、ADC×4、PWM×15、GPIO×118、I2S×4、スピーク×1、HPOUT×1

インターフェイスの種類
ゴールドフィンガー(SODIMM 260P標準インターフェース、0.5mmピッチ)

大きさ
69.6mm × 48mm

放熱
ヒートシンク設置穴ピッチ:45mm

電力消費
アイドル: 0.075W
ノーマル:2.8W
最大: 4.6W

環境
動作温度:-20°C-60°C、
保管温度:-20°C-70°C、
貯蔵湿度:10%-80

ポジティブワンは、SBCの設計と製造において豊富な経験を蓄積してきました。認証が必要な認証規格、専門的なソフトウェアとハードウェアのR&Dチームにより、ハードウェアの設計とソフトウェアの機能拡張の両方において、お客様にオーダーメイドまたはカスタマイズされたソリューションを提供することができます。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
ポジティブワン株式会社(ポジティブワンカブシキカイシャ)
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.