2021年12月15日 14:00

宝石ルース販売最大級の「東洋ルース」が2021年で最も売れた宝石ルーストップ10を発表! 第1位は「ベキリーブルーガーネット」 来年1月のジュエリーベストドレッサー賞「男性部門」の受賞者へ贈呈決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社東洋(本社:埼玉県北本市/代表取締役:中村秀夫)が運営する「東洋ルース」は、
2021年最も売れた宝石トップ10を発表し、第1位に「ベキリーブルーガーネット」が選ばれました。
この第1位の宝石ルースをジュエリーに仕立て、2022年1月13日(木)に都内で行われる
「第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の男性部門の受賞者に贈呈が決まりました。
2021年最も売れたルースランキング

1位 「ベキリーブルーガーネット」
2位 「オパール」
3位 「タンザナイト」
4位 「アメトリン」
5位 「ブルートパーズ」
6位 「スフェーン」
7位 「バイカラートルマリン」
8位 「アメジスト」
9位 「ダイヤモンド」
10位 「エメラルド」

【ランキング概要】
調査機関:2021年1月1日~12月12日
調査内容:東洋ルースの宝石名別売上ランキングに関する調査
調査結果ページURL:https://twitter.com/TOYO_Loose/status/1470940865166475271
発表日:2021年12月15日
ランキングの集計は、東洋ルースが1年間の売上を独自に集計し、それをルースの宝石名ごとにランキングにしたものです。
ガーネットと言えば一般的に赤色の宝石を思い浮かべる方も多いと思いますが、実はガーネットには元々「オレンジ」や「グリーン」という色味も産出され、様々な名前が付けられて近年でも人気が上がっている宝石の1つです。
その中で、マダガスカルのベキリー鉱山でブルーのガーネットが見つかり、その産地のガーネットは青色から赤色へカラーチェンジする事で一気に人気に火が付きました。
それがベキリーブルーガーネットとして販売されています。
別名をベキリーカラーチェンジガーネットとも呼ばれています。
第33回ジュエリーベストドレッサー賞

2022年1月13日(木)東京ビッグサイトにて授賞式が行われる第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞の「男性部門」に選出される方へ、東洋ルースから今回の2021年最も売れたルース「ベキリーブルーガーネット」をジュエリーに仕立てて贈呈することが決まりました。
女性需要が9割を占める東洋ルースにおいて、今後女性から男性へのプレゼントを、自ら宝石ルースから選び仕立てるという1つの需要増加を目指す目的から、今回は男性部門の受賞者へ贈呈する形にしました。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
東洋ルース(トウヨウルース)
代表者
中村 秀夫(ナカムラ ヒデオ)
所在地
〒364-0013
埼玉県北本市中丸9-211 
TEL
048-593-0999
業種
ファッション・アパレル
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://everydaygoldrush.com/toyo-loose/
公式ブログ
https://twitter.com/TOYO_Loose

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.