2021年12月16日 11:30

ENGINE DJよりENGINE DJ V2.1を発表LC6000がPRIME 4に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回のアップデートではLC6000とPRIME 4の連携を実現。さらにPRIME 4のパフォーマンスビューに2つのモードを新たに追加し、macOS 12 MontereyとWindows 11 OSにも対応



アメリカ、フロリダ州フォートローダーデール (2021年12月16日) - クロスプラットフォームDJソフトウェアソリューション開発における大手デベロッパー「Engine DJ」よりEngine OS v2.1を発表します。

PRIME 4コントロール
今回のアップデートでは以前よりご要望の多かったDENON DJ LC6000 DJコントローラーとDENON DJ PRIME 4の連携を実現しました。DENON DJ LC6000をDENON DJ PRIME4に接続すれば、DENON DJ LC6000のフルサイズプラッター、マルチファン クション・パフォーマンスパッド、ループコントロールなどを使ってDENON DJ PRIME4の3/4レイヤーをコントロールすることができます。

新たなパフォーマンスビューを追加
DENON DJ PRIME 4は再生中のトラックを直感的に確認できる2/4デッキの縦型ビューを採用し、その後のアップデートでパフォーマンスビューの縦方向/横方向の表示切替が可能となりました。今回のアップデートではパフォーマンスビューに2つのモードが新たに追加され、ミックスのモニタリングがさらに円滑に行えるようになります。

最新のOSに対応
デスクトップ用のアプリケーションEngine DJ v2.1がmacOS 12 MontereyとWindows 11 OSに対応しました。

Engine DJ v2.1の主な特徴
● DENON DJ LC6000とDENON DJ PRIME 4が連携可能に
● DENON DJ PRIME 4のパフォーマンスビューに2つのモードを新たに追加
● macOS 12 MontereyとWindows 11 OSに対応
● その他、安定性とパフォーマンスを向上させるための改善を多数実施

Engine DJ v2.1はこちらから無償でダウンロードできます。EngineDJ.com


ENGINE DJについて
Engine DJはデスクトップ・アプリケーションとハードウェアに搭載されたOSとの2つのプラットフォームで構成されています。ハードウェ アに搭載されたEngine OSプラットフォームには、クリエイティブで革新的な独自のツールが備わっています。デスクトップ・アプリケーションは楽曲データコレクションをより簡単に管理/操作することができるコンピュータベースのソフトウェアです。Engine DJはDJの創造性とDJパフォーマンスをさらに向上させる世界初かつ最先端のDJ専用クリエイティブ・プラットフォームです。Engine DJはinMusicの擁するブランドのひとつです。


※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
inMusic Japan株式会社(インミュージックジャパン)
代表者
Richard Seymour(リチャード・シーモア)
所在地
〒106-0047
東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビルディング6F
TEL
03-6277-2230
業種
その他
上場先
未上場
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.