2022年01月13日 09:00

フライングセキュリティカメラ市場ータイプ別(SDおよびHDカメラ);アプリケーション別(熱画像、監視、写真およびビデオ撮影);および最終用途別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは調査レポート「フライングセキュリティカメラ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2022年1月 12日に発刊しました。これは、の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3665

世界のフライングセキュリティカメラ市場は、重大の収益を上げ、2022-2030年の予測期間中にCAGRが約29%で成長すると推定されています。世界のフライングセキュリティカメラ市場の成長は、世界中でドローンベースのアプリケーションの採用が拡大していること、および公共施設やスペースに対する政府の支出能力が高まっていることに起因する可能性があります。2019年、モノのインターネット(IoT)エンタープライズドローンの総出荷量は35万台を超え、2020年末までに約52万台に増加しました。この値は、2023年までに120万まで増加すると計算されています。

さらに、さまざまな消費者向けアプリケーション、特に小売部門で視力を改善するための赤外線照明の受け入れの増加、高解像度の衛星画像の可用性も、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されます。さらに、LiDAR、GPS、マッピングサービスなどのドローンカメラのアプリケーションエリアの拡大は、近い将来、市場に十分な成長の機会を提供すると予測されています。

アジア太平洋地域の市場は、新興国全体で安全とセキュリティの懸念の高まり、地域における監視カメラの大規模な生産と消費を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されています。さらに、高度な技術を備えた低価格の製品の入手可能性も、今後数年間でこの地域の市場成長を後押しすると予測されています。

さらに、北米の市場は、高い軍事費、および効果的な運用と結果のための新しいもので古いUAV艦隊の頻繁な更新により、予測期間中に最も大きなシェアを獲得すると予想されます。世界銀行が提供したデータによると、2020年の米国の軍事費はGDPシェア全体の3.7%であり、カナダの同じ値はGDPの1.4%まで増加しました。
市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 世界のフライングセキュリティカメラ市場は、重大の収益を上げ、2022-2030年の予測期間中にCAGRが約29%で成長すると推定されています。
● フライングセキュリティカメラ市場は、タイプ別(SDおよびHDカメラ);アプリケーション別(熱画像、監視、写真およびビデオ撮影);および最終用途別(軍事、国土安全保障、インフラストラクチャ、商業、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
● フライングセキュリティカメラ市場における業界のリーダーは、Aeryon Labs Inc.、Go Pro Inc.、FLIR Systems, Inc.、Elbit Systems Ltd.、Israel Aerospace Industries Ltd.、Elbit Systems Ltd.、SZ DJI Technology Co.、Canon Inc.、Amazon Wen Services, Inc.、Arecont Vision LLCなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
● フライングセキュリティカメラ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
フライングセキュリティカメラ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
i. 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ii. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
iii. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
iv. 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3665

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com

【調査レポートの日本語に詳細内容について】
https://www.researchnester.jp/reports/flying-security-camera-market/3665
【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/flying-security-camera-market/3665

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2022年01月18日 18:00
医薬品管理市場-製品タイプ別(注文入力、臨床サポートシステムソリューション、管理記録、在庫管理ソリューションなど);配信モード別-世界の需要分析と機会の見通し2030年
2022年01月18日 17:30
リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池市場-電力容量別;アプリケーション別(固定およびポータブル);および最終用途別(自動車、電力、産業、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2030年
2022年01月18日 17:00
使い捨てオーラルケアデバイス市場-製品別(オーラルケアキット、オーラルスワブ、サクションスワブキット、サクションカテーテル、その他);およびエンドユーザー別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年
2022年01月18日 17:00
分散制御システム市場-コンポーネント別;および最終用途産業別(石油およびガス、化学薬品、発電、金属および鉱業、製薬、紙およびパルプ、および食品および飲料)-グローバル需要分析と機会の見通し2030年
2022年01月18日 17:00
地理空間ソリューション市場-技術別(地球観測、スキャンなど);ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス);アプリケーション別;エンドユーザー別-世界の需要分析および機会の見通し2030年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.