2022年01月14日 11:00

真空バルブの市場規模は、2021年から2026年にかけて平均年成長率8.5%増で推移する見込み【市場調査レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「真空バルブの世界市場:タイプ別、用途別2026年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
真空バルブの世界市場規模は2021年で12億ドル、2026年に18億ドル、市場の平均年成長率は8.5%と予測されています。真空バルブ市場の主な推進要因は、真空ベースの製造プロセスを含むハイエンド半導体の需要の増加などが挙げられます。 またセグメント別市場では、タイプ別でトランスファーバルブが2021年から2026年にかけて最も急速に成長すると思われます。また圧力範囲別では、高真空セグメントが同期間中に最高の成長率となると予測されています。

【英文市場調査レポート】
真空バルブの世界市場:タイプ別、用途別2026年予測
Vacuum Valve Market with COVID-19 Impact Analysis by Type (Pressure Control Valves, Isolation Valves, Transfer Valves), Pressure Range, Industry (Semiconductor, Flat-panel Display Manufacturing, Thin-film Coating), and Geography - Global Forecast to 2026
https://researchstation.jp/report/MAM/27/Vacuum_Valve_2026_MAM2711.html
(レポートの詳細目次は上記URL参照)

【レポート構成概要】
◆真空バルブの世界市場予測2017-2026年
・市場規模(US$)

◆タイプ別、市場-2026年
圧力制御バルブ
・バタフライバルブ
・アングルバルブ/インラインバルブ
・振子式バルブ
・その他

遮断弁
・バタフライバルブ
・ゲートバルブ
・アングルバルブ/インラインバルブ
・振子式バルブ
・ボールバルブ
・その他

トランスファーバルブ
エアアドミタンスバルブ
チェックバルブ
※(市場規模US$)
※タイプ別に用途別の細分化データ掲載

◆圧力範囲別、市場-2026年
・低-中真空(> 10-3Torr)
・高真空(<10-3Torr - >10-8Torr)
・超高真空(<10-8Torr)
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2026年
・分析機器製造
・化学薬品
・フラットパネルディスプレイ製造
・食品飲料
・製紙/パルプ
・製薬
・半導体
・薄膜コーティング
・その他
※(市場規模US$)
※用途別にタイプ別の細分化データ掲載

◆主要国地域別市場-2026年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、台湾
・韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東
・アフリカ
・南米
※地域別に用途別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・バリューチェーン分析
・エコシステム分析
・事例研究
・ファイブフォース分析
・貿易分析
・規制動向
・市場シェア分析(2020)
・競合状況

◆真空バルブの主要企業プロフィール動向
・AGILENT TECHNOLOGIES
・MKS INSTRUMENTS
・PFEIFFER VACUUM
・ULVAC, INC.
・VAT GROUP AG
・BOBOO HITECH CO., LTD
・FLOMATIC CORPORATION
・HVA LLC
・入江工研株式会社
・SHANGHAI VACUUM VALVE MANUFACTURING CO., LTD
・SMC株式会社
・HTC VACUUM
・CKD CORPORATION
・MDC PRECISION
・PRESYS
・SRT
・VACOM
・VACUUBRAND
・V-TEX CORPORATION
・GNB KL GROUP
・N2TECH
・TERATECH
・KURT J. LESKER COMPANY
・株式会社キッツエスシーティー

(全177頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/27/Vacuum_Valve_2026_MAM2711.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年12月27日

★関連レポート
「航空宇宙用バルブの世界市場:バルブタイプ別、用途別2026年予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/25/Aerospace_Valves_2026_MAM2572.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
https://researchstation.jp/index.html
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.