2022年01月17日 11:30

ラック、ヴイエムウェアと境界型防御を補完するセキュリティ監視サービスを提供 ~検知が困難な社内ネットワークに侵入した脅威を監視し、サイバー攻撃の拡大を防止~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、2021年6月30日にヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 直、以下 ヴイエムウェア)から発表されたパートナーシップに基づき、「VMware NSX(R) Firewall with Advanced Threat Prevention」の仮想環境への不正通信の侵入と拡大を防止する分散型IPS機能に対応するセキュリティ監視・運用サービス「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」を2022年1月17日より提供します。
組織を支える自社運用(オンプレミス)のIT環境は、VMwareなどを中心としたサーバ仮想化技術を幅広く採用しています。それらの環境においてもサイバーリスクへの備えが重要なのは言うまでもありませんが、昨今のサイバー脅威は従来の「境界防御型」のセキュリティ対策を避けて侵入し、社内ネットワークで広がり被害を及ぼします。境界防御型では、侵入後の不正通信が境界の内側を流れるため、一度侵入されると被害拡大を防げないからです。

ヴイエムウェアが提供する「VMware NSX Firewall with Advanced Threat Prevention」の分散型IPS機能は、仮想マシンごとにセキュリティ機能を組み込むことにより、すべての仮想マシンの通信を把握し、今まで検知することが難しかった仮想基盤上の不正通信を監視できます。ラックは、独自のセキュリティ監視システム(LAC Falcon:ラックファルコン)により、IPSの不正通信記録(ログ)収集、一次分析、セキュリティアナリストによる脅威の詳細分析を実施し、サイバー脅威を捉えることで被害を防ぎます。

ラックは、データセンターなどのオンプレミス環境でヴイエムウェアの仮想基盤を利用しているお客様に対して、セキュリティ監視・運用サービスを提供していきます。ヴイエムウェアの仮想基盤技術を活かした製品力と、ラックのログ分析をはじめとしたセキュリティ知見により、仮想基盤をビジネスに活用している多くのお客様に対して、安心・安全を提供していきます。また、様々なクラウド環境(VMware CloudTM on AWS、Azure VMware Solutionなど)への対応も提供予定です。

今回の発表に際し、ヴイエムウェア株式会社様よりエンドースメントをいただいておりますので、ご紹介をいたします。

「ヴイエムウェア株式会社は日本のセキュリティ市場で高い信頼を得ている株式会社ラックのセキュリティ監視運用サービスに、ヴイエムウェア製品が加わることを歓迎します。ヴイエムウェアは、急激に拡大する組織のDXを支えるため、仮想化技術を中心に様々なソリューションを提供してきました。しかし、拡大する高度なサイバーリスクからお客様を保護するためには、マネージド・セキュリティサービスを提供するパートナーとのパートナーシップが重要になります。長年の実績と経験を有するラックとのパートナーシップを通じ、ヴイエムウェアのセキュリティソリューションとラックの付加価値のある監視運用サービスの統合ソリューションが、ヴイエムウェアの仮想化プラットフォームをご利用のお客様に対し、高度化するサイバー攻撃対策に対する最良の解決策となるものと確信しています。」

ヴイエムウェア株式会社
執行役員 ソリューションビジネス管掌 秋山 将人様

                                      以上

・ご参考情報
LAC WATCH:システム内部の不正通信も見逃さない、分散IDPSという考え方
https://www.lac.co.jp/lacwatch/service/20220117_002840.html

・ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

・株式会社ラックについてhttps://www.lac.co.jp/
ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社ラック(ラック)
代表者
西本 逸郎(ニシモト イツロウ)
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
TEL
03-65757-0100
業種
その他IT関連
上場先
JASDAQ
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.lac.co.jp/
IR情報
https://www.lac.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.