2022年01月18日 11:00

NICEがNational Technology News(英国)にて、「Artificial Intelligence Solution of the Year」賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NICE Enlighten AIが、卓越した体験を提供する革新的なCXソリューションとして表彰される

企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するNICE(Nasdaq:NICE)は、本日、National Technology Newsが主催する2021年National Technology Awardsにおいて、NICE Enlighten AI(https://www.nice.com/products/cx-analytics/enlighten-ai)が「Artificial Intelligence Solution of the Year」賞を受賞したことを発表します。

今年で5年目となるこの賞は、出版・イベント大手Perspective Publishing(英国)傘下のNational Technology News(https://nationaltechnologyawards.co.uk/winners21.php)が主催する、さまざまな業界の先端技術を総合的に称える賞です。人工知能のカテゴリーでは、機械学習とアルゴリズムを活用して、「生データ」を顧客に役立つインサイトと価値に変えている企業を表彰しています。

「この賞は、NICEの絶え間ないAIイノベーションに対するコミットメントを評価いただいた結果です」と、NICE Workforce&Customer Experience GroupのプレジデントであるBarry Cooperは語っています。「AIはカスタマーエクスペリエンスにおいて可能となるものを再定義し、既に素晴らしい結果を出しています。今回の受賞は、NICEのチームがお客様に提供するデータ主導型のアプローチを裏付ける証となります。このような評価をいただいたことを光栄に思います」

NICE Enlighten AI for CXでは、すべてのインタラクションを分析し、卓越した体験をもたらすことに成功した行動を特定します。NICE Enlighten AI for CXのAIモデルは、最大規模のシンジケート化されたデータセットと、NICEの30年以上に及ぶ研究と業界経験に基づいて開発されています。これにより、CX組織は、すべてのインタラクションに対する、完全で客観的、かつ自動化された行動分析が可能になります。一連のCXソリューションは、このインテリジェンスを運用し、行動を加速させることで、顧客サービスを真の差別化要因へと変えることが可能です。

NICE Enlighten AIの詳細については、こちら(https://www.nice.com/engage/nexidia-customer-engagement-analytics/enlighten-ai/)のウェブサイトをご覧ください。
ホワイトペーパー「Leading Businesses are Using AI to Drive Extraordinary CX」(AIを活用して卓越したCXを実現している先進企業)のダウンロードは、こちらをクリック(https://www.nice.com/resources/how-businesses-use-ai-for-cx-success)してください。(英語のみ)

National Technology Newsについて:
National Technology News(NTN)は、英国のテクノロジー調達者やベンダーにとって重要なブランドです。2017年に初めて開催されたNational Technology Awardsの成功を受けて、ハイレベルなニュース主体の専門サイトへの需要が高まり、National Technology Newsが誕生しました。NTNは、英国企業におけるテクノロジー意思決定者に企業が直接アクセスできるマルチチャネルのニュース・イベントブランドに成長しています。National Technology Newsは、出版・イベント大手企業であるPerspective Publishingの関連会社です。Perspectiveは、英国の金融および小売セクターにおける主要な技術誌である「FStech」および「Retail Systems」を発行しています。

NICEについて:
NICE(Nasdaq:NICE)を選んだ、世界中のあらゆる規模の組織が、主要なビジネス指標を満たしながら、卓越したカスタマーエクスペリエンスを容易に提供しています。 世界一のクラウドネイティブカスタマーエクスペリエンスプラットフォームであるCXoneを搭載したNICEは、AIを活用したセルフサービスやコンタクトセンター向けのエージェント支援CXソフトウェア等の世界的リーダーです。 Fortune 100企業のうち85社以上を含む、150か国以上の25,000以上の組織が、NICEと提携して、すべての顧客とのインタラクションを変革し、向上させています。 www.nice.com(https://www.nice.com/

商標について:
NICEおよびNICEロゴは、NICE Ltdの商標または登録商標です。その他すべてのマークは、それぞれの所有者の商標です。 NICEの商標の完全なリストについては、www.nice.com/nice-trademarks(https://www.nice.com/nice-trademarks/)を参照してください。

将来の見通しに関する記述:
このプレスリリースには、1995年の民事証券訴訟改革法で定義されている将来の見通しに関する記述が含まれています。Cooper氏の記述を含め、将来の見通しに関する記述は、NICE Ltd.(以下「当社」)の経営陣の現在の信念、期待、および仮定に基づいています。 そのような将来の見通しに関する記述は、英文において "believe," "expect," "seek," "may," "will," "intend," "should," "project," "anticipate," "plan," "estimate," または同様の語で記述されています。将来の見通しに関する記述は、当社の実際の結果または業績が本書に記載されているものと大きく異なる原因となりうる多くのリスクおよび不確実性の影響を受けますが、経済および経営状況の変化の影響、COVID-19パンデミックの結果、競争、当社の成長戦略の成功、当社のクラウドSoftware-as-a-Serviceビジネスの成功と成長、技術と市場の要件の変化、当社製品の需要の減少、新しいテクノロジー、製品、アプリケーションをタイムリーに開発および導入できない状況、買収した事業、製品、技術、人材の吸収と統合における困難または遅延、市場シェアの喪失、特定のマーケティングおよび流通の取り決めを維持できない状況、サードパーティのクラウドコンピューティングプラットフォームプロバイダー・ホスティング施設・サービスパートナーへの会社の依存、会社に対するサイバーセキュリティ攻撃またはその他のセキュリティ違反、新たに制定または変更された法律、規制、基準が当社および当社の製品に及ぼす影響、および米国証券取引委員会(「SEC」)への提出書類で議論されたその他のさまざまな要因および不確実性等が含まれますが、これらに限定されません。 会社に影響を与えるリスク要因と不確実性の詳細については、フォーム20-Fの会社の年次報告書を含む、SECに随時提出される会社の報告書を参照してください。本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、このプレスリリースの日付の時点で作成されており、当社は法律で義務付けられている場合を除き、これを更新または改訂する義務を負わないものとします。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ナイスジャパン株式会社(ナイスジャパンカブシキガイシャ)
代表者
安藤 竜一(アンドウ リュウイチ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂2-2-17 ニッセイ溜池山王ビル 7F
TEL
03-6234-8700
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://jp.nice.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.