2022年01月25日 17:00

野菜ジュースでは日本初の快挙!JA熊本果実連が「ジャパン・フード・セレクション」グランプリを受賞 消費者が審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本フードアナリスト協会(東京都千代田区)が主催する「ジャパン・フード・セレクション」が2022年1月17日に発表され、JA熊本果実連の野菜ジュースが最高位のグランプリを受賞した。なお、同ジャンルのカテゴリーにてグランプリ受賞は日本初である。

グランプリを受賞した「ジューシー ぎゅっと日本の野菜」

ジャパン・フード・セレクションは、消費者が食品・食材などを評価・認証する制度。食の情報についての検定試験に合格したフードアナリスト資格者約2万人が審査に関わり、味だけでなく商品の話題性やネーミング、パッケージのデザイン、扱いやすさなど、100に及ぶ審査項目で賞を決定する。2013年10月に初開催され、今回で47回目。
グランプリを受賞したJA熊本果実連「ジューシー・ぎゅっと日本の野菜」(125ml:希望小売価格160円)は、「砂糖・甘味料・食塩不使用」「梅果汁の酸味が爽やかで飲みやすい」「野菜すべてが国産で、濃縮した野菜の甘味を感じる」「一日分の野菜(350g)がこれで摂取できる」と評価された。

「砂糖・甘味料を使わずにこの旨みと酸味は高い評価に値する」
本商品は、衛生面を徹底管理された同会の自社工場で製造される野菜ジュースである。審査を管理しているジャパン・フード・セレクション審査委員会によれば「同商品は国産野菜のみを使い、さらに砂糖・甘味料を使わず野菜の旨みのみでジュースを作っています。また、酸味はレモン果汁などで補っているものが大半ですが、この商品は梅果汁で補っております。旨み、酸味、清涼感など野菜ジュースに求められる要素をすべて満たしており。ここが高い評価につながったと思われます。」と話している。

JA熊本果実連の製品開発担当者は「国産野菜のみで作ることにこだわり、それでいて美味しさを最大限に発揮出来るように研究した。一番苦労したのは、どの野菜をどの程度加えたら美味しい野菜ジュースになるか、配合については苦労しトライアンドエラーの連続だった。ジャパン・フード・セレクションではグランプリ受賞と高い評価を頂けたことは非常に光栄であり、とりわけ、食のプロの厳正なる審査で野菜ジュースでは業界初の受賞となったことは当会としても大きな喜びと自信につながった。」と話す。

■ジューシー・ぎゅっと日本の野菜
内容量:125ml 紙パック  価 格:希望小売価格160円
サイズ:縦37mm×横55mm×高さ88mm
賞味期限:270日   保存方法:常温
原材料名:野菜汁(にんじん、トマト、ほうれん草、ピーマン、あしたば、キャベツ、クレソン、セルリー、ブロッコリー、パセリ)、うめ果汁、大麦若葉粉末
砂糖・甘味料・食塩不使用

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

一般社団法人日本フードアナリスト協会
商号
一般社団法人日本フードアナリスト協会(イッパンシャダンホウジンニホンフードアナリストキョウカイ)
代表者
横井裕之(ヨコイヒロユキ)
所在地
〒102-0082
東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
TEL
03-3265-0518
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.foodanalyst.jp/
IR情報
http://www.foodanalyst-pro.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.